沼の見える街

ぬまがさのブログです。おもに映画の感想やイラストを描いたりしています。

蛇に睨まれたゲロッパ

f:id:numagasa:20150604232956j:plain

  • 道で蛇を見かけた。大抵「あれっ、蛇かな?」と思っても、蛇ではなくビニール紐などであることが多いが、今回は蛇だった。近所の森林に棲むアオダイショウだろう。にょろにょろしていて、美しかった。
  • そして今日は木曜日なので、毎週のことながらカレーを作った。一応断っておくけど、蛇カレーじゃないですよ。チキンカレーですよ。蛇、栄養があって美味しいって映画『マッドマックス2』のキャラが言ってましたけどね。
  • あ、6月の映画界の目玉は何といっても『マッドマックス 怒りのデスロード』ですね〜。もうすぐ公開か。いい評判もたくさん聞きますが、どうなることか。炎上してる吹き替え云々の件は、まあ割とどうでもいいのですが…(字幕で見るし)。何にせよ楽しみ。ひゃっはー。
  • 前置きが長すぎですが、冒頭のイラストは先日みた映画『ジェームズ・ブラウン 最高の魂(ソウル)を持つ男』です。原題の『GET ON UP』のほうがカッコイイと思うのですが、これは仕方ないか。
  • ていうかやっぱり日本でのジェームズ・ブラウン(JB)の知名度、そんなでもないと思うんですよ。名前くらいは知ってても、「ゲロッパの人」くらいの印象な方も多いんじゃないですかね。めちゃくちゃ偉い人なのに、不憫というか何というか。
  • 今日近所のGEOでJBのCD探したのに、1枚もなかったしな…。まあ近所のGEOがしょぼいだけか。とくに音楽コーナーのしょぼさはすごい。品揃え的にヘタな図書館にすら負けそうな上に、ダッサイ音楽とあざとい宣伝が常に大音量で流れている。センスはともかく、せめて静かにしてくれないだろうか。久々にアルバムでもまとめ借りするかと思ったのに、あんまりうるさくて探すのが苦痛になって出てきてしまった。やれやれ。
  • …いつの間にか「近所のGEOに文句言うナイト」になってる。いかん。まあそろそろ潰れると思うが、小さい頃から使っている店だし、それはそれで寂しいかもな…。なんの話でしたっけ。
  • あ、JBの話か…。正直おととい話したから、もうあんまり語ることないんですが…。でもとにかく映画はとっても面白かったです。私のようなファンク素人でも、JBという巨大な「音楽」に興味をかきたてられ、さっそくアルバムを購入して何度もリピートしているほどですもの。
  • ただ、すでにいろんな人が言ってることですが、JBの音楽…私のようなニワカが聴いてすぐに「うおぉースゲエ!最高だぜ!」みたいになるような音楽では、ないんですよね。アルバム何周かしてますが、まだそういうテンションには全くならない。
  • まあ、メロディとかないからな…。どっちかというと、「この独特なリズムが、なぜだか心地いいな〜」という軽めのノリで聴いてます。そのうちゴリっと「はまる」時が来るのかなあ。深さがわかってしまう時が。
  • まあでも今のゆるい楽しみ方も、けっこう理想的な音楽との距離感でもあると思うんですよね…。ファンクのいわゆる「グルーヴ感」って、けっこうマジで「勉強のBGM」にちょうどいい気がするのですよ…怒られるかな…。
  • ただ、「グルーヴ」と「集中」って、実は相当近いメカニズムなんだと思う。反復による没頭が生み出す、精神的なリラックスと高揚感、という意味で、両者はとても似ている。この話もしてみたいけど、今日はこの辺で…。「蛇に睨まれたゲロッパ」という言葉が急に浮かんだのでタイトルにしよう(雑な生き方)。