読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沼の見える街

ぬまがさのブログです。おもに映画の感想やイラストを描いたりしています。

『響け!ユーフォニアム』12話みた。

  • 『響け!ユーフォニアム』12話みた。今日はpixivにまとめをあげたりもするので、感想はあっさりめにしとこう…。
  • まず、優子ちゃんが普通に素直な可愛らしいキャラになっていて嬉しいですね。前回で憑き物が落ちたということなのでしょう。夏紀先輩との絡みもあって得した気分。ていうか「こらー!」とか言ってましたね…。君たちはもう仲良し以外の何なんだよ…。「こらー!」て…。叛逆杏子の「やーいやーいさやかー」を彷彿とさせるバカップルっぷりですね。こんなこと→(『響け!ユーフォニアム』11話みた! - 沼の見える街)が実際にあったのかもしれない、とか妄想しちゃいますな。
  • そして最終回一歩手前になって、やっと完全なる「久美子回」が来ましたね。これまでは久美子を軸にして、丹念に周囲のキャラクターを掘り下げるという感じの作劇でしたが、ここにきてようやく正面から「久美子」という人物の変化と成長がしっかりと描かれました。
  • 今回ちゃんと言葉で表現されていましたが、「さめた子」である久美子を「熱い子」に変えたのは間違いなく麗奈なのでしょう。でもやっぱりもう一人、夏紀先輩の果たした役割がすごく大きいと思います。彼女からかけてもらえた「ありがとう」という言葉のおかげで、久美子は自分にかかっていた呪いをひとつ解くことができた。だからこそ今回、「私はユーフォニアムが好きなんだ」と気づけたのではないでしょうか。
  • 小さい頃から吹いていたという理由でなんとなくユーフォを続けていて、なんとなく上手くなって、でもそのことによって他人を傷つけてしまうことさえあった。だからこそ、心の奥にある「ユーフォが好きだ」という気持ちを彼女は封印していたのでしょう。そして久美子は「さめた子」になっていった。
  • でも、麗奈との再会によって、「特別になりたい」という「未来」を描くことができた。そして夏紀先輩が、「自分のユーフォが誰かを傷つけた」という「過去」の束縛から解き放ってくれた。こうして、「上手くなりたい」「私はユーフォが好きなんだ」と心の底から思うことのできる、「熱い子」の久美子が生まれたのではないでしょうか。
  • このアニメが素晴らしいのは、その「再誕」がただ幸せなだけではなく、「熱く」なればそれだけ辛いことや苦しいことも増える、というのをちゃんと描いているところ。「さめた子」のままでいれば、傷つかなかったかもしれない部分も、「熱い子」になればむき出しにならざるをえない。今回もみていてキツイ場面がいっぱいありました。
  • それでも久美子は、「なんでユーフォなんか一生懸命にやってんの?」と言われて、「ユーフォが好きだからだ」と即答できるようになった。それほどの、「大好きなもの」を手に入れたんですね。それは誰がなんと言おうと、絶対に幸せなことなんだと思います。たとえ行く手に痛みや屈辱や敗北が待っていたとしても、「大好きな楽器」さえあれば、「次の曲が始まる」のだから。
  • あっさりめとか言ったのに、なんか妙に熱くなってしまいました。アニメの力ですね。あ〜次回最終回か…。今まで描かれてきたそれぞれの物語が、「すべて噛み合うその瞬間」を見ることができるのかな。そうなったら泣いてしまいそう。あ、「脱落組」が練習してるという一曲もぜひ聞きたいですね…。無理かな。サントラに収録されないだろうか。