読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沼の見える街

ぬまがさのブログです。おもに映画の感想やイラストを描いたりしています。

『響け!』さふぁいあちゃん考

  • ジョジョの録画予約を解除するのを忘れていたら、『GATE』とかいう新しいアニメが入っていたので少し見てみたのだが、「うげぇ…」と感じて途中で見るのをやめてしまった。もはや作る側が、見る側の知性をあんまり信頼していないのかな、とさえ思ってしまう。(アニメに限らず)そういう作品をうっかり見てしまうと、ちょっと虚しくなってくる。
  • そして、比べるのは本当に失礼な話だけれど、どうしたって『響け!ユーフォニアム』の凄さを思わずにいられない。このアニメの作り手たちが、どんなに視聴者を信頼していることか。それを思うと泣けてくるくらい。だから見る側としても、できる限りその信頼に応えたいなと思う。まあボンヤリ見てるだけなんですけどね、私だって。
  • というわけで薄暗い前置きになってしまったが、今日は『響け!ユーフォニアム』を最初から見直したりしていた。見返すたびに、最初は気づかなかった新しい発見がいくつもあって、やはりすごく面白い。
  • このブログで触れたことはなかったけど、見返してみて改めて興味深いと思ったのが、川島緑輝というキャラクター。さふぁいあちゃんですね。久美子の斬新さについては散々語ってきたけど、この子も実に独特だなあと思う。
  • 最初に第1話でさふぁいあちゃんを見たときは、正直、「ええっ…」と思っちゃったんですよ。なんか一人だけ悪い意味で「アニメっぽい」というか…。急に「アイコピー」とか言うし、スケールの大きな理想を語りだすし、そういう微妙な痛々しさに対して特にツッコミが入らないし、なんか見ていて不安になるキャラだったんですよね。作中のリアリティラインを考えると、「いじめられないかな…」とか心配しちゃうような、一種の不穏さを感じたというか。
  • でも、作り手たちはそういう「ええ…?」という反応も考慮した上で、川島さんのキャラを練り上げたんだと今は確信してます。この子の「アニメっぽさ」って、萌えアニメ的な文脈に乗っかっているんじゃなくて、あくまでリアリティを追求した結果なんだと思う。だって実際こういう子、いそうだもん。というか確実にいますよ。まっすぐで情熱的でロマンチストで優しくて、でも客観的にみると「ちょっとイタイ」と思われかねないような、ギリギリのバランスの人。
  • その危うさのようなものも含めて、「うっ…」となっちゃいかねない「アニメっぽさ」のコードをあえて使うことで表現しているのではないかと。でもそれは、裏を返せば、自分の中にしっかりと完結した世界を持っている「強さ=魅力」の表現でもあるわけで。現に川島さんの「強キャラ」っぷりは、途中一瞬ぐらついたことを除けば、一貫して最終回までぶれなかった。
  • 結局、川島さん自身を深く掘り下げるエピソードは最後までなかったにもかかわらず(強いて言えば9話?)、回を重ねるごとにどんどん実在感を増していきましたよね、この子は。それはやっぱり、この人物造形の戦略がすごくうまくいったということだと思う。「アニメっぽさ」を逆手に取ることで、「こういう子は本当に存在するんだ」という説得力を出していった。
  • アニメっぽい主人公像に「異形のリアリティ」をぶち込んでしまった斬新なキャラ・久美子とはまったく違う(正反対の?)手法で、川島さんの実在感を出そうとしていることがとても面白い。現代の「アニメ的なるもの」に良くも悪くもめちゃくちゃ貢献した京アニならではの、それを乗り越えようとする自己批評的な視点を強く感じます。こういうところに、作り手の「見る側」に対する信頼がうかがえるのです。
  • あ、「アニメっぽさ」を逆手にとっているといえば、私が作中でトップクラスに好きなキャラ、優子ちゃんにも同様の手法が用いられている気がしますね。「アニメ的テンプレ嫌なヤツ表現」を反転させて、キャラの掘り下げにすごく有効に活かしている。前にも語ったので省略しますが…。
  • あと以前、久美子と優子が(高坂さんと香織先輩の対立を軸にして)鏡合わせのような関係性になっている、という意見を読んでなるほど、と思ったものですが、同様に、川島さんと高坂さんも実はかなりよく似た内面をもつ人物なんですよね。性格や行動などの、外への表れ方が全然違うだけであって。
  • だから川島さんと高坂さんが二人きりになった時に何を話すのかな、とか妄想するとちょっと面白い。さふぁれいですね。EDの最後に毎回くっついてたから、絡みがあるのかなとかちょっと期待していたのですが、本編では会話すらありませんでした…。まあ、高坂さんの他人との絡みが最低限しかなかったのは、久美子との淫靡な関係性を強調するためだと思いますけどね(淫靡て)。
  • でも高坂さん、川島さんのことはめちゃくちゃ高く評価している気がする。ある意味、久美子となんかよりもずっと安定した関係を築けるのでは…とか思っちゃうぜ。いや、「くみれい」はあの不安定さがたまらなく魅力的で、淫靡なわけですが…(だから淫靡て)。
  • 今日はくたびれたのでいったんこの辺で。それにしても『響け!ユーフォニアム』、放送は終わっちゃったものの、やはり掘れば掘るほど面白いものが出てくる、底なし沼のようなコンテンツだと思います。「なんだかな〜」な作品を見て虚しい気持ちになった時はいつでも、本作のことを思い出したいものです。受け手を信じてくれる作り手たちもいる、ということを。(まあ『GATE』だってこれからスゴイ面白くなるのかもしれないしな…。たぶんもう見ないけど…。)こんな長文を読んでくださった方に感謝します。ではまた。