読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沼の見える街

ぬまがさのブログです。おもに映画の感想やイラストを描いたりしています。

相撲だ!ジャンプ感想(32号)

ジャンプ感想
  • 2週ぶりにジャンプ感想を書こうと思います。もう木曜ですけど。最近の生活サイクル的に、週の初めに映画をみて感想とか書くことが多いため、ジャンプが後回しになりがちなんですよね。で、週の後半になるとジャンプとか割とどうでもよくなってくるという。木曜がリミットかな…。
  • 『火ノ丸相撲』、連載1周年ということで表紙&巻頭カラー。メデタイ。ていうかやっぱり1年目とは思えない風格ですね…。すでに8年くらい連載していそうです。妙に風格のある一年生、みたいな。
  • ただ、コミックスの売れ行きが芳しくないとか聞いたのですが、どうなんだろうか。でもアンケートは取れているようで、雑誌内での待遇もいい感じですよね。ちょっと不思議な立ち位置。まあ実際、ジャンプがデジタルになってからは、私も単行本とか買わなくなったしな…。だってバックナンバーが一瞬で読めるわけだし。うーん。コミックスを買うのが作家への一番の貢献だというのはわかっているのですが。まあでも、本作はしばらく大丈夫そうですね。というかこれを打ち切ったら編集部が末長くバカにされると思います。大事にしてほしい。
  • 『火ノ丸相撲』、いうまでもなく内容も抜群に面白いですねー。まあフラグ的に言って、二陣戦はチヒロが勝つだろうとは思うのですが、それでもハラハラするというか、メタ的な意味でも「あれ?ひょっとすると…」とか思わせてくれるのがすごい。そしてやっぱり、筋肉というのはいいものだな、と思いました(そのコメント必要?)。
  • 暗殺教室』。移動砲台速水さん、かっこよくてえろいですね。見開きで木の枝をグッと両足で挟み込む構図に作者のこだわりを感じます。こういうところ、松井先生は信用のできる男です。私も最近、脚の良さというものがわかってきました(必要?)。渚くんの迷彩のアイディアも良いですね。
  • ONE PIECE』、正直もはや面白い漫画では全くないよな、というのはつくづく思うのですが、最近pixivでブックマークした『マッドマックス』の物凄いファンアートがありまして、それがワンピースを元ネタにしていたんですね。それを見て、コレ描いた人すげーな、と思うのと同時に、「ああ、やっぱり尾田先生はすごいんだな」としみじみ感じましたよ。やっぱり絵のタッチとか全部含めて、みんなが共有できるような一つの巨大な世界を、たった一人で作り上げてきたわけですから。この成果はやっぱり、決して失われることのないものです。今週も面白くはありませんでしたけど、それでも。いつか再び面白くなる時を待ちます。
  • 『ヒロアカ』、ああ〜面白い。ワンピースの300倍くらい面白いです(さっきのイイ話なに?)。冗談はともかく、緊張感のある人間関係の描写が秀逸だなといつも思いますね。全員にちゃんと血が通っていて、だからこそ単に話し合ってるだけ、みたいな場面でも「こいつとこいつが絡むとどうなるのだろう」って興味が持てるのです。さて、ヴィラン連合がどう出るか。飯田くん殺すのだけはやめてね。
  • ニセコイ』、基本的にはまったく興味の持てない作品なのですが、今回のマリーちゃんの啖呵は日本橋ヨヲコっぽくてカッコ良かったです。たしか、この子が死にそうなんでしたっけ。いいと思います。今のジャンプは全体に死ななさすぎなので。でも飯田くんは死なないでほしいです。
  • 銀魂』、ちゃんと読んではいないのですが、「あ、死んだのかな」と思ったら特に死んでいなかった、の繰り返しっぽいですね。終盤なんだからガンガン殺せばいいのに。キャラが死んで怒るのはアレなファンだけですよ。でも飯田(略)
  • 『レディ・ジャスティス』、そろそろ打ち切りなのでしょうか。「ダークナイト」のオマージュっぽい、シリアスな展開に突入していますけど…。うーん…そうじゃないだろ〜!と思っちゃいますよ。徹底的に当初のエロ路線を突き詰めたほうがよかったんじゃないかな…。『ヒロアカ』が非常にカッチリしたヒーロー物をやってるんだから、それを補完する形でスキマ産業的に「ヒロピン」的な需要を満たしていけば良かったのに…。あ、その路線でいくにはヒロインが強すぎたのかなあ。じゃあ弱い子もいっぱい出せばいいのに(素人の雑な発想)。素朴な感じの中二的えろすが嫌いになれないので、応援したいんですが。うーん。
  • あ、時間切れですね…。今日はこの辺で。雨やむのかな。