読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沼の見える街

ぬまがさのブログです。おもに映画の感想やイラストを描いたりしています。

下民が!ジャンプ感想(36号)

  • 今夜はpixivに漫画をアップしたりする予定なので、ジャンプ感想のほうをちゃちゃっと書いちゃおうと思います。
  • 『ブラッククローバー』、先週から突然始まった罵倒合戦にはかなりゲンナリしましたが、今週は「下民」という言葉がバンバン飛び交っていて逆に爽快感すら感じました。「下民が!」とか日常会話でごく自然に使ってみたいです。まず貴族か王族にならねばな…。
  • ラストの敵襲は「ヒロアカ」のUSJ戦をどうしても連想しちゃいますね…。あちらはものすごい緊迫感でしたが、こっちはな〜…。という具合に、なぜかヒロアカと比べて「何が違う(足りない)んだろう」とか考えてしまいがちな作品です。どっちも絵が上手いからかな?ジャンルも経験値も違うので、比べるのはよくないんですが…でも、何が違うんだろ、ホント…。
  • 『ワンピース』。あっ、面白いです!しばらく休んだほうがいいとか散々言ってきておいて何ですが、久々にとても面白い…!悔しい。カイドウの性格、すごく良いですねー。こういう「外し」のセンスはさすが尾田先生。
  • 暗殺教室』。表紙のスゴイOPPAIの子って誰だろ。サバゲーの時になぜか脱ぎ出して親友に勝った子かな?(名前が全く覚えられない。)…ビッチ先生より大きい気がするけど大丈夫なんでしょうか。本編でこれまたいきなり脱ぎ出した律もたいへんえろいんですが、こういう露骨なエロスは意外と珍しいですよね、松井先生。テコ入れってことないだろうし、ただの趣味かな…。あと本筋に全く関係ないけど、ラストのコマをみて、「なんかピクミンみたい」と感じると同時に、「そうだよな、こういう柵ってトランポリンとかあれば普通に入れそうだよな…」と思いました。大丈夫かな。ジャンプ読んだ泥棒が真似しないかしら。
  • 『火ノ丸相撲』、勝敗は予想通りでしたが、熱いバトルでした。ユーマは好きですが、まあ正直ここで勝たれてもな…。そして本作のメインヒロインである小関くんがついに土俵にあがりましたね。こっちは絶対に勝って欲しい…!それにしてもジャンプ史上でも屈指であろう地味な対戦カードですね。それでも確実に盛り上がるだろうという信頼を、すでに川田先生は獲得しています。新人のくせに(くせにって…)。
  • 食戟のソーマ』。おお、ここで美作くんとのタッグ!これは熱い展開ですね。ソーマはこういう、一種カップリング的なキャラの組み合わせ方がうまいんですよね。(いかんせん美作くんなので腐女子ウケするかは知りませんが…。)美作くんのキャラ造形が、作中でも屈指の完成度の高さということも大きいんでしょう。いつかタクミくんと美作くんのコンビとかも見たいです。あ、でもラストの前髪があるライオンのイメージ映像はあんましかっこよくないかな…。
  • 読み切り『ギャラクシーギャングス』。うーん…。絵は上手なんでしょうけど、正直いまいちでした…。なんか…こういう悪役、さすがに「もう、よくね…?」と思うんですけど、どうなんだろ。もうチビッコだって「こういうの古いよね」って思ってるのでは…。いい人っぽい人が本当にいい人だったという点だけでも、先週の読み切りはテンプレを外していてくれてたんだなあとちょっと再評価。そして先々週の「リカバリーQ」の評価が相対的にガンガン上がっていきます。あれが連載でいいじゃん、もう…。
  • 『僕のヒーローアカデミア』。轟くん、めっちゃかっこいいですね。私が女子中学生だったらヤバかったと思います(何が?)。相手の能力を数パターン想定しながら推測していく過程も面白い!…と思ったらステインがすぐバラしちゃいました。そこは普通に黙ってろよ。まぁ前も書いたけど、この世界の「個性」って「念能力」以上に何の縛りもないから、本人がバラしでもしない限り推測がムズすぎるんですよね。でも「ひとことで言える」程度の単純さという縛りはあるか。あと本人の名前も大きなヒントですね(それは言っちゃだめだろ…)。
  • ワールドトリガー』。ゾエさんいいキャラですね。影浦と仲良くするにはこういう性格じゃなきゃ無理なのかもな。あとヒュースがどんどんタマコマに馴染んでてめっちゃかわいい。ヨータローとちょっと仲良くなってるし…。
  • 「これでタマコマが勝つようならこの軍のレベルが心配だ」みたいなヒュースのセリフ、大変に「ワルトリ」らしいバランス感覚ですね。そうなんすよね…。主人公をアゲるために周囲のキャラをサゲる展開もいいけど、それは作品世界そのものの深みや奥行きを失わせる悪手にもなりうる。そういう落とし穴に陥ってしまっている作品、本当に多い気がします(どのクローバーとは言わないけど)。そんな中、葦原先生は奥行きある「世界」を構築することに対して、トコトン気を遣っているのだろうということが伝わってきますな。その辺も人気の秘訣なんでしょう。
  • ああ、手短に終えようと思ってたのにけっこう長く書いちゃいました…。漫画あげられるかな。まあ無理なら無理でいいか…。ではまた。