沼の見える街

ぬまがさのブログです。おもに映画の感想やイラストを描いたりしています。

カリオストロの城みた。

  • ルパン三世 カリオストロの城』がhuluに入っていたので、見てみた。スゴイ面白かったです!……もはや今更すぎて何かうけるな。『カリオストロの城』っていうアニメがめっちゃ面白かったです!この監督の宮崎駿って人、これから絶対ブレイクすると思います!見逃すな!
  • それにしても、本作をちゃんと通しで見たのって、ひょっとしたら初めてかもしれない。仮にもアニメファンの端くれとして、良識を疑われそうな発言ですが…。ありとあらゆる場所で繰り返し引用される、それこそ「あなたの心です」みたいな名セリフや名場面を断片的に取り入れてきた結果、なんとなく見た気になっていたのだろうか。改めて見返してみたらけっこう、全然知らないシーンがあったりしてびっくりした。…いや、さすがに1回くらいどこかで見てるかな…。だとしてもずいぶん前だけど。
  • あ、感想とかは別に書きません。もう何を書いてもひとつとして新しいことは言えなさそうだしな…。でもあまりに今更すぎるので、普通に感想を書いてみるのも逆に面白いかもしれない。「カーチェイスのシーンがすごかった!」とか言って。事実すごかったしな。とりあえず次元はあそこの場面がいちばんカッコよかった気がする。意外とその後はあんまり活躍しなかったから。
  • しかし当たり前だけど、本作も「長編ルパン」の流れに連なる作品なんだよな、映画としての扱われ方があまりに別格すぎて若干忘れてたけど…。『ルパンVS複製人間』とか『ワルサーP38』とかの劇場映画はもちろん、『1$マネーウォーズ』みたいなTVスペシャルとか、最近でいうと『ルパンVSコナン』とか、そういう作品と流れとしては同じものなんだよな〜と思うと、ちょっと不思議(実写ルパンもある意味では『カリオストロ』の血を引いていると言えないこともない)。もし宮崎駿が『カリオストロ』以降何も映画を作っていなかったとしたら、「ルパン映画の2作目ってなぜか異常にクオリティ高いよね」みたいな評価になっていたんだろうか…。
  • クレヨンしんちゃん」の映画版で、原恵一の『オトナ帝国の逆襲』が別格扱いされているのと構図としては同じですね。クレしんだけどクレしんじゃない、みたいな。なので原恵一もそろそろ宮崎駿みたいな存在になっていいと思うんだよな…。オリジナル長編娯楽大作を山のように作って欲しい。あ、だから細田守がやっぱり今の所いちばん宮崎駿に近い存在なのか…。デジモンから始まって、こう。細田さん、大好きかというとちょっと微妙だけど、とにかく頑張って後進の監督のために道を切り開いていただきたいところだ。もちろん新房監督とかのためにも。おしまい。