読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沼の見える街

ぬまがさのブログです。おもに映画の感想やイラストを描いたりしています。

召喚!ジャンプ感想(42号)

ジャンプ感想
  • 新連載『左門くんはサモナー』。巻頭カラー見開きで左門くんが乗ってるバケモノ、2段階進化をとげたキュウべぇみたいですね…。ちょっとひねったラノベ風の(?)台詞まわしは、気恥ずかしいっちゃ恥ずかしいけど、結構好き。「結果孤立」のところとかテンポよくて笑った! 他には「悪魔側の選手層厚すぎるだろ」とかいいですね。
  • ただ、作中でゲロを吐くだけの役割の人物を「下呂くん」と名付けるみたいなセンスはあんまり好きじゃないかな…。「脇役をちゃんと描く気はないのね」って感じちゃって冷める。なのでこれからも下呂くんはドンドン活躍して、ことあるごとにゲロを吐き続けて欲しい(いいのかそれで)!
  • 敵がちっとも脅威に感じられないのと、主役の左門くんの魅力がイマイチなのはネックか。左門くん、アンチヒーロー的なキャラなのはわかるけど、「ぼくは正義の味方じゃないよ、悪い奴だよ」とセリフで説明するのは正直カッコ悪い。でも「魔法陣をコピー機で印刷!」みたいなシニカルなノリは実に好みなので、今後も期待。絵も可愛いし、人気出るのでは。
  • 『ワンピース』。なんかよくわからんけどやっと終わったみたいでよかった…。ルフィ達のピンチにこの人たちが駆けつけたところでザコ掃除以外にやることなさそうだけど、楽しそうで賑やかで、いいんじゃないでしょうか。次のシリーズには期待してます。
  • 『僕のヒーローアカデミア』。耳郎ちゃんの「心音を相手に届ける」能力ってすごいな。たしかになんかエロい。ていうかこの漫画、クラスの女子が全員それぞれ異なる意味で「なんかエロい」からすごいよな。八百万さんはわかりやすくエロいけど、梅雨ちゃんと芦戸さんにも捻ったエロさがあるし、葉隠さんは言うまでもなく存在がエロい。あえて言えばヒロインの麗日ちゃんが一番エロくない。
  • 「オール・フォー・ワン」の起源もなかなか興味深い。「能力を奪う能力」でチート化したラスボスって割とベタだけど(最近だと『ドロヘドロ』とかかな)、個々の「能力」をキャラのアイデンティティとして丁寧に描いているこの世界観だと、やっぱり途方もない脅威に感じられる。対決が楽しみ。
  • 暗殺教室』。た…楽しそうでけっこうだけども、もう真面目に暗殺する雰囲気では完全になくなっちゃったのな…。今更だけど…。茅野編での松井先生のコメント「これからが本当の暗殺教室です」ってマジでなんだったんだろう…。これからシリアスになだれ込むなら、その時までとっといてほしかったぜ、そのコメント…。
  • 『ものの歩』。「終盤が強い」という形で主人公の特性が明かされたけど、うーん…? ちょっと納得しかねる…。そもそも今回の二人の対決、「時間の経過」がわかりづらくて、いつのまにその「終盤」とやらまでこぎつけたの?と戸惑った。サッカーとかと違って、時間が経てば自動的に「終盤」になるわけじゃないんだから、そこまでたどり着くのにも実力は絶対にいるよね…?「主人公すげー」というよりは、初心者に「序盤」から「終盤」までこぎつけられる時点で、先輩弱すぎじゃね?と感じざるをえない。うーん。
  • とはいえ、「夢」に対する「時間制限」という切ない事情に今回でふれていて、そこはとてもよかった。そのポイントをきっちり描いてくれるなら、すごく稀有な少年漫画になると思う。『3月のライオン』という偉大すぎる先人がチラつくのは仕方ないけど、ほら、あれは青年漫画だし…ヤングなアニマルだし…。
  • 『火ノ丸相撲』。ラスト4ページの「え、まじで負けるの?え?え!?」という動揺がすごい。揺さぶってきやがるぜ、川田め…(もはや呼び捨てがデフォルト)。まあこれで負けるんなら次週に引かなかっただろうから、なんとかなるんだとは思うけど…。この真剣に勝負の行方が分からないスリルは、やっぱり全盛期のアイシールドを連想する。主人公の背が低いところも共通してるし(違うところ→筋肉の量)。
  • 『背筋をピン!と』。手汗の子、めっちゃかわいいな…。そして、わたりさんと土屋君の会話もとてもいい。最後のセリフはかなり凄いけど…愛の告白以外の何なんだそれは…。余談ながら、昨日みた『心が叫びたがってるんだ。』という映画にもこれと似たような展開があったんだけど、そっちは正直かなりストレスフルだったんですね。それを考えると、本作のストレスフリーっぷりは群を抜いているなあ、と思いました。いや、『ここさけ』も良かったんだけど、ただ(略)
  • バクマン(短編)』。久しぶりの再会ですが、改めて苦手な漫画だなあと思いました。(小畑絵に対して『学叫法廷』のマイナスイメージが染みついたっていうのもあるんだろうけど…。)有り体に言ってシュージンの創作物を読みたいと思えないんだよな…。大根仁が映画化するそうだけど、できればスルーしたい。でもつい見ちゃうかも。うう。
  • ワールドトリガー』。新メンバー、大本命はヒュースだと思うけど、他に誰かいるかな…。エネドラさんじゃなかろうし、やっぱヒュースか。しかし4人がOKならどこも4人にするんじゃね?とは思った。連携とか色々あるだろうけど、そりゃ人数多い方が有利なのでは…。連携の精密さってのが思った以上に大事なのかな。そして次回はだいぶ先か。気になる!葦原め!(呼び捨てその2)
  • 今日はこの辺で。『ここさけ』の感想も書きたいのだが、ものすごく評価するのが難しい作品なんだよな…。あああ。どうしたものか…。まずは寝よう。では。