読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沼の見える街

ぬまがさのブログです。おもに映画の感想やイラストを描いたりしています。

秋だ!ジャンプ感想(44号)

  • 『ハイキュー!!』。互いの因縁や個々のキャラの背景はよく知らないけど、それでも今週が面白いことはわかる!面白い!(なんだこの感想)
  • 暗殺教室』。毎度ハッタリが効いていてスゴイと思うけど、シロさんと偽死神って、正直ラスボスとしてはちょっと物足りないよな…。すでにキャラとしては描かれ切っているというか、底が見えている感じがして。いい加減しつこいけどやっぱり、この敵陣営に茅野が加わっていたらどれほど盛り上がっただろう…とか思っちゃうんだよな。ホントしつこいですね。これからまた二転三転するんだと信じてます。松井先生だし。
  • 『ワンピース』。ウワーッ、囚われのドフラミンゴさんが本作の複雑に絡みあった現状を新規読者にもわかりやすいように解説してくれているーッ…! まぁ実際わかりやすいしありがたい。でも「ついに覇権争いが始まる!」って言われてもいまいちピンとこないな。基本みんな海賊王になろうとしてたんじゃないの、よく知らんけど。今までやってきたドンパチとは何か違うんだろうか。まあ盛り上げようとしてくれたんだろう、ミンゴさんなりに…。あと今週「引き」が変ですね。知らんがな。
  • 『左門くんはサモナー』。あ、先週よりだいぶ好きな感じに…。面白い。左門くんのキャラが立ち始めて、ちゃんと格好良いアンチヒーローになってきてる。「欲が出たね」「良い人が伝染る」とか決め台詞(?)も気が効いてるし。魔法陣が添付ファイルっていうギミックも、身も蓋もない感じで素敵。ただちょっと便利すぎるので定番化してほしくはないかも。前回はコピー印刷→今回は添付ファイルって具合に、毎回ツールを変えてほしい。無茶か…。
  • 食戟のソーマ』。洗脳というか普通に虐待なのでえりなパパは色々アウトですが、それはともかく、えりな様のキャラクター性のどの部分が洗脳によるものなんだろう。「檻に囚われてる」みたいな描写ってあったっけ…。「味に厳しい」ことが洗脳の結果なんだとしたら、それが解けたら「味に厳しくなくなる」=ツンツンしなくなるんだろうか…。ただでさえ薄れていたキャラ性がさらに弱くなりそうですね…。「個性」というのはほぼ「欠点」のことなので、それが解消されて「幸せ」になるとキャラとしてはつまんなくなるよね、って『化物語』かなんかであった気がする。
  • 『僕のヒーローアカデミア』。別に何にも起こらない日常回なのに、ひたすら濃い1話だなあ…。まずクラスの子達の成績事情が面白い。常闇くんはもうちょいデキる子かと思ってたぜ。逆にかっちゃんはこのキャラで勉強できるって凄い斬新だな!「教え殺したろか」ってフレーズもすごい。あと梅雨ちゃん地味に優秀かわいい…。心がアレなモノマくんと拳藤さんのコンビもすごく微笑ましい。そしてラストの展開も心踊る! デク爆vsオールマイトはもちろん、轟ヤオvs相澤先生がスゴイ気になる(轟ヤオ、テスト勉強の場面でさりげなく伏線はられてたな)。プロの凄さを見せるため、先生側に圧勝してほしい。あー面白い。
  • 『火ノ丸相撲』。ひたすら熱い…!!以上。客席のみんな表情とかの観察力すごすぎだろ!とか野暮なツッコミをする気にもならない(してるけど)。こういう漫画表現としてのベタな「嘘」のつき方がすごく上手い漫画だなと思う。
  • 『ものの歩』。あ、今回面白かったです。主人公がちょっと好きになってきた。とはいえ主人公の特殊能力「終盤力がスゴイ」ってのはまだピンとこないけど…。王を詰まさないと終わらないゲームなんだから、やっぱり普通じゃね、それ…? 今後、序盤力や中盤力がスゴイ人も出てくるんだろうか(こと将棋においては全く嬉しくない能力な気が)…。
  • 『ブラッククローバー』。こっちも今回は面白かった。主人公以外の実力者がちゃんと実力に見合った活躍をして、幼稚な悪者にまっとうな喝を入れるだけで、やっぱりぐっと世界に奥行きが出るのだなあ。派手なエフェクトでぶっぱなすだけの魔法が多い本作だけに、今週の見開きの一点集中攻撃はかっこよく見えた。
  • ニセコイ』。楽くんが「結婚式をぶち壊す…!」とか言ってるけど、まずマリーの結婚相手を見せてもらえないと何とも言えないよな…。クズ野郎だったら早めに出してるだろうし、意外といい人みたいなオチなのかな。
  • バクマン』。萌え絵の得意な石沢くん、「ちょっと絵が描けるからって調子こいてる、よくいる感じのキモいオタク」みたいな描かれ方だけど、いねーーーよこんな奴! クラスの女子にカジュアルに萌え絵を依頼され、恥ずかしがることなく堂々と描いてみせ、しかもちゃんと喜んでもらえてるとか、どんだけ豪胆なイケメンなんだよ。上手い下手の前にその精神性に脱帽だわ。
  • それはともかく、こういう「萌え」的なものを悪意に満ちた感じで描写するセンス、さすがにもう古臭くないですかね…。石沢くんの絵だって、中学生にしては別に下手ってほどじゃなく、可愛らしくて味があるのに、シュージンにわざわざ「うわっ…」て感じにドン引きさせたりしてさ〜。やな感じ。それでシュージンが相棒として選び直すサイコーが、思いっきり小畑絵の「上手な絵」ってさ〜…。感じわるっ! …ていうか「うわっ…」はそのノートの中身の方だよ。ヤダヤダ。がんばれ石沢くん。こんなやつらやっつけてしまえ。
  • でもバクマンの映画はひょっとしたら見ちゃうかもしれない。大根仁、『恋の渦』とかは好きだしな…。見たら感想書きますね。では。