読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沼の見える街

ぬまがさのブログです。おもに映画の感想やイラストを描いたりしています。

ドルドルドル!ジャンプ感想(48号)

ジャンプ感想
  • まさかのアニメ化が決まった『磯部磯兵衛物語』。昨日で2周年ということなので、『叛逆の物語』と完全に同い年ですね…。だからどうってわけではまったくないけど…。
  • 『ワンピース』。冒頭3ページのギャグの意味がわりと本気でわからない。唐突すぎる「目隠し」とか、「包丁が突き刺さった血まみれの人間かと思った」とか…な、何これ…? ワンピースのギャグってこんな感じだっけ…? つまらないっていうより、意味がわからなくて怖い。
  • 『僕のヒーローアカデミア』。ドルドルドルドル。八百万さんは、露出度が高い服を着てる意味が「ちゃんとある」というのがとてもえろいですよね。表情もすごく生き生きしているなあ。来週の重大発表はアニメ化なんだろうか。めちゃくちゃ面白いからアニメになるのもわかるけど、ちょっと早すぎる気もする…。変にプレッシャーかけず、大事に育ててほしいところ。
  • 暗殺教室』。なんか色々唐突だな今回…。矢田さんが絡まれてたシーンもだけど、イトナくんのお父さんが急に出てきたのは何…? なんかいい話っぽくなってるけど、ものすごい唐突だった。メガネの殺し屋さんはかっこいいけど、いくら強かったところで相手は殺せんせーだしな〜…とか思っちゃうのは事実。ある意味、キャラの格をしっかり保ってるってことか…。
  • 食戟のソーマ』。こ、こっちも意味がわからん。なんか今週は意味がわからない作品が多いな。ジャンプ難しいよ…。悪役の人、顔芸は面白いんだけど、なんで「審査員を買収した」ことを明言しちゃうわけ…!? こっそりやるから「買収」として成立するんでしょうに。「悪役でーす!」っていう描写をしたいのはわかるけど、いくらなんでも理屈が通らないだろ…。なぞい。
  • 『ブラッククローバー』。いつも適当に読み飛ばしてるんだけど、さっきなんとなく読み返してみたら、とても意外な展開で普通に面白かった。未知の敵勢力を味方ボスが蹂躙するっていう、いい意味でジャンプ的じゃない展開に意表を突かれる。
  • 『左門くんはサモナー』。相変わらず台詞回しがすごくイイ。ツッコミひとつとっても情報量は多めなんだけど、いわゆる「ラノベ的」なくどさに陥ることなく、言葉の選び方もソリッド。ヒロアカもこういうところがすごく現代的なんだよな…。ふと思ったけど、さっきのワンピの不可解なギャグは、こういう現代的な笑いに尾田先生が挑戦して失敗したってことなんだろうか…。なぞい。
  • 読み切り『たくあんとバツの日常閻魔帳』(井谷賢太郎)。ヒロインの子の造形がとても良い…。話も面白かった…と言いたいところだが実はあんまりちゃんと読んでない(じゃあ書くなよ…)。とりあえず決めゴマはかっこよかった。
  • 『火ノ丸相撲』。おお、あっさりめに決着。テンポ速いな…。部長vsユーマとかはやらないんだろうか。けっこう盛り上がる気もするんだけど。地味すぎるかな。
  • 『ものの歩』。対戦相手の人、クズに描かれてるけど別にそこまで悪い事してないよね…。公式戦での主人公の初勝利イベントにしてはあんまり盛り上がってないけどいいのかしら。
  • ニセコイ』。マリーはなんでこんなに偉そうなんだ…。ニセコイの人々の中ではまだ好きなほうだけども、余裕ぶっこいてるように見えてなんだかな。凄まじいまでの迷惑を被ったはずの相手の男性も、大したフォローもなく結局なあなあで退場しちゃって、ああやっぱり単なる「物語上の機能」だったのね、って感じ。ギャグ調のアクション場面も、なんか読んでいて虚しい。
  • ワールドトリガー』。最後の人たちがネイバーだと一瞬わからなかった。アフトクラトルの人たちとえらい違うんだな。みなさん普通に人間と仲良くなれそうな雰囲気というか…。ボーダーとガチで殺しあってる姿があんまり想像できない。直接対決はいつになることやら。
  • 『ベストブルー』。相変わらず泳ぎながらめっちゃ会話していて、スポーツ漫画のお約束にしたって不自然すぎるんだけど、まあ今回は背泳ぎだからしゃべろうと思えばしゃべれるのか…。でもしゃべってないで真面目に泳ごうぜ。1.5秒をいかに稼ぐかっていう話なわけだしさ…。作者の方も若干投げやりになってる感があって、ちょっと辛い。ほんと、競泳って相撲並みに難しいテーマだよな。川田先生とかがおかしいんですよ…。
  • 今日はおしまい。