読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沼の見える街

ぬまがさのブログです。おもに映画の感想やイラストを描いたりしています。

トラップ!ジャンプ感想(51号)

  • 新連載『バディストライク』。うむむ…。冒頭の不自然な説明ゼリフのオンパレードとか、細かいツッコミどころは置いといても、ボロボロの体になるまで主人公に付き合ってくれた元キャッチャーくんに対する扱いが雑なのがちょっとな〜…。この子のことが気になって、いまいちスカッとできない。
  • まぁさすがに、このまま元キャッチャーくんを蹴落として死神さんとバディを組むぜ!って展開は外道すぎるので、ありえないと信じたい。次回で元キャッチャーくんがどう扱われるかが、本作を読み続けるかどうかの分かれ目になりそう…。正直あんまり好きになる予感はしないけど、ほどほどに期待。キャッチャーの重要性を説く漫画ってけっこう斬新かもしれないしな。(「おおきく振りかぶって」とかあるけど。) 
  • 暗殺教室』。「対先生透過レーザー衛生」って政府の人々も「先生」扱いしてんのかい。こういう間接的なギャグ(?)ってなんか好きだな。松井先生らしい大人っぽさを感じるというか。しかし政府サイド、「地の盾」なんて凄いもんがあるなら、もうちょっと上手い段取りがあったんではあるまいか…。
  • 『僕のヒーローアカデミア』。砂藤くんの能力(タイバニ風にいうとスリーミニッツファイブパワー?)、5倍って正直微妙だけど、砂糖の量によってパワーアップ具合が変動したりするのかな? だとしたらかなり便利。峰田くんの頑張りは熱いけど、もうちょいガチで怖い相手との戦いで覚醒してほしかった気もする。意外と先生サイドがチョロいんですよね…。とはいえ、クリアできなかった組もあるのは驚いた。合宿組と居残り組で別々の敵に襲われたりするのかな。ラストはもちろん胸が高鳴る。
  • 食戟のソーマ』。ううう〜〜〜〜ん。これはダメでしょう。前回の見開きで叡山パイセンの部下たちに感じた「君たち行って何すんの?」感がこれっぽっちも解消されていないだけでなく、寮メンバーの「抵抗」っぷりもそれに輪をかけた茶番で、全然ノレない。それに対して一喜一憂する叡山パイセンも、ありていに言って単なるバカにしか見えないため、今後どんなにカッコよく料理をしようが暗躍をしようが、「でもあのバカの人でしょう?」としか思えない気がする。なんでまたこんな展開にしたんだろう。脚本の人が寝不足だったのだろうか。
  • 『火ノ丸相撲』。熱いなあ。熱くて清々しくてカッコイイ。小太り気味で力士体型の男子高校生がウィンクをしつつ「くやしいけど…おかげで充実した大会になったよ」などと言いながら笑顔で手を差し出している図を、ここまでカッコよく描けるのはこの世で川田先生くらいかもしれないな…。ラスト2ページ、潮くんの表情もとても良い。セリフ「うへへ…」しかないけど、部長のことが大好きで、心から尊敬していることが伝わって来て、なんか泣けてしまう。本当に良い漫画だ。でも潮くんはそろそろ一回休んだ方が…。
  • 『斎木楠雄』。ちょっと後味は悪いが、やはり面白い…。こういうネタの時の麻生先生は本当に生き生きとしているな…。
  • 『ブラッククローバー』。ファンタジー世界で合コンとは新鮮ですな…。実際けっこう面白かったんだけど、アスタくんの「見た目で判断すんな」って啖呵の切り方はよくわからんな。あとツンデレの子の行動はギャグにしたってひどすぎやしませんかね…。
  • 『左門くんはサモナー』。左門くんの「負けるわけにはいかないのに…」のくだりとか凄い笑った。面白い漫画だと思うんだけどな〜。順位的にもうすぐ終わっちゃうのかな…。ちょっと笑いのセンスが「ネットっぽすぎた」ということなんだろうか。いや、まだ終わってないけども…。
  • ワールドトリガー』。わ、ワイヤーっすか。主人公の新たな武器としてワイヤーをオススメされる少年漫画とは……すげえな…。でも(地味すぎるとはいえ)確かに良いアンサーだなあ。変則的ながら修は「トラッパー」を目指すということになるんだろうか。罠を張ることを生業とする主人公とか普通に熱い。
  • ニセコイ』。えっ……マリーの病気…べつに大したことないの…?まじで…?でもだとしたら今までのアレコレって…。まあいいや、なんかもう…。作者の人も適当に描いてるんだろう、たぶん…。もはや真面目に読むほうが悪いのかもしれない…。
  • 『ブリーチ』。相変わらず何をやっていて誰がどうなっているのか1ミリたりともわからないが、ラストの決めゴマは本当にかっこいい。このメガネの女性がどなたなのか全く存じ上げないけれど、かっこいいものはかっこいい。絵のかっこよさの前では全てが吹き飛ぶのだ。凄いことだ…皮肉ではなく本当に…。
  • 疲れたのでおしまい。なんか雨が降ってきた…。