読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沼の見える街

ぬまがさのブログです。おもに映画の感想やイラストを描いたりしています。

通すな。ジャンプ感想(52号)

  • 『ハイキュー!』。キャラについてよく知らないことを後悔するほどに燃える展開…!というかもう最後の最後なんですね(5セット目だけ短くて15点勝負なのか…)。最初からちゃんと読もうかなあ。『少女ファイト』も好きだし。
  • 『ワンピース』。よ、読みづらい…。セリフも登場人物も詰め込みすぎなのでは…。ワンピースとかトリコを見ると、やっぱり『暗殺教室』の読みやすさって凄いよな〜と思う。それはともかくサンジの件はどれくらい引っ張るのだろう。「どうせ大したことじゃないんでしょ」と読者はみんな思ってるだろうけど、なんか作中キャラまで読者と同じノリになってきたな。いいのかそれで。
  • 暗殺教室』。読みやすい(さっき言った)。「地球滅亡率1%」の高さにちゃんと言及してくれたのはよかったんだけど、やっぱりこの数字、もうちょっと低く設定するべきだったよな…。せめて0.01%くらいに…。それくらいなら今回の生徒たちにもうちょい感情移入できた気がする。そして「そうは言っても政府としては決して無視できる数字ではないしな…」という葛藤も生まれた気がする。1%は普通にこわいよ…。
  • 『バディストライク』。うむむ。「たのもー!」以降、相手の野球部の反応がほとんど描かれていないせいで、主人公コンビがカッコよく喋っているのをみても、「いや普通に断られるかもしれないじゃん…」って思っちゃうんだよな…。むしろ来週、「そういうのは受けつけてないんだ、ごめんな」って優しく諭されてスゴスゴ帰る羽目になったら面白い。強者には安易に煽りに乗って欲しくないんですよね…。
  • 食戟のソーマ』。叡山パイセンの料理、すごい普通な気がする…。っていうかアレですよね、炊飯器の「保温」機能で鶏肉まるごと低温で煮る、みたいな料理ですよね。一回ためしたことあるけど、たしかに大変おいしかったです(後始末が超めんどいけど)。でも凄さは特に感じられないよな…。私でも作れそう…。とりあえず八百長問題がなかったことになってなければもう何でもいいんですが、それすら危ういんだよな、最近のソーマを読む限りだと…。
  • 『僕のヒーローアカデミア』。うわああ面白い。序盤のヴィランズのやりとり最高に良いですねえ…。「今は荼毘で通してる」「通すな 本名だ」とかキレがあって大好きです。(「通すな」っていうツッコミいつか使ってみたいけど対応するボケが希少すぎるな…。)黒霧さんのワープ使用法も絵的な迫力に満ちていてカッコイイ。というか黒霧さんの能力に比べたら、ステインさんの「血舐め拘束」なんてハズレもいいとこだよな…。ほのぼのパートからのラスト、急転直下っぷりも見事。それにしても生徒にとってはリスキーですね、あの体育祭…。名前バレ顔バレ能力バレで変態狂人とのエンカウンター率ガン上がりじゃねーか…。
  • 『火ノ丸相撲』。確か『ハイキュー!』にもあったけど、「たかが部活じゃん馬鹿じゃねーの」っていう視点がある「部活もの」はやっぱり良いなあ。モンゴルの人の冷徹な視線とかも、この漫画特有の一歩引いた感じが好きですね…。ユーマの師匠の「覆水盆に返らず」とか、「試合より娘の方が大事」とかのセリフもだけど、少年漫画的な「熱さ」を突き放した視点があるんですよね。そのうえでど真ん中から「熱さ」を描いてみせるっていう稀有な作品。でも大好きな金盛部長の活躍はもっと見たかったぜ。全国だとかませ犬になりそうでな…。
  • ワールドトリガー』は休載でした…。でも代原が面白かったので全然気にしてません!…嘘です、代原は読んでません…。たまにすっっごいコロコロみたいなの載るよね。
  • 『斎木楠雄』。ギャル子ちゃん、相卜(あいうら)さんというのか…。全く覚えてなかった。誰も名前で呼ばないんだもの…。彼女のギャル語は監修とか入ってるのかなあ(だとしたら現役ギャルに頼むのかな…)。わたくし一応専門が言語のため、どういう法則性なのか、とかけっこう興味あります…。
  • 『左門くんはサモナー』。新キャラかわいいしえろいけど、お話は今回イマイチかな…と思ったけど読み返してみたら最後の「知ってる」とか、やっぱり良かった。ただ、てっしーがDVを受けている人に見えてちょっと痛々しいのがな〜…(実際受けてるんだけど)。どんな形であれ、いじめた側は報いを受けて欲しい。でも新キャラかわいい。
  • ニセコイ』。この漫画に対して唯一興味をもてるポイントだった「マリーの病気」が、とんだ茶番だったことが前回で明らかになったので、もう読む理由は何ひとつないのだが、なんとなく読み続けている…。でもやっぱり面白くはないし、今回も普通に不快な話だ…。ホント、この漫画ってどういう層に受けているのだろう。「話は面白くないけど女の子は可愛いじゃん」みたいな意見も聞くけど、女の子も別に可愛くないと思うんだよな…。ヒロインにしたって、同じ怪力キャラなら『火ノ丸相撲』の金盛先輩のほうが可愛いと思う(暴論)。それでもこんな人気なんだから、何か私に見えてない魅力があるんだろう…。謎だ…。今回も長々とニセコイをディスってしまった…。もはやファンなのだろうか…。
  • 『ベストブルー』。終わった。終るべくして…。酷さという意味でのピークは「オネエ」っぽい人が出てきたあたりでしょうか…。もはやPC的な怒りを表明する気にさえならなかったので「つらい」の3文字で終わらせてしまったけれど。あれを筆頭に、最後の決勝戦は本当にひどかったと思う…。ジャンプシステムの負の側面を見せつけられた。いくらなんでも競泳はテーマ的に難しすぎたってことですかね。次回はキルコさん的な方向を期待しています。
  • 今週はおしまい。ワートリがないと全体にディスディスしてしまうな(「ギスギス」的な用法)。明日は夜にガルパンを見る予定です。では。