沼の見える街

ぬまがさのブログです。おもに映画の感想やイラストを描いたりしています。

イニシャルK!ジャンプ感想(53号)

  • ニセコイ』。4周年だそうで、めでたいですね。正直なところ全く好きになれない作品ですが、「なんか無性にケチをつけたくなる」というのは漫画としては長所なのかもしれません。ある意味キャッチーってことだし。
  • 今週も「うげえ…」以外の感想は特にないのですが、4年も続くということは本作が好きな人も大勢いるのでしょうし、そういう人にとっては今週も面白いのでしょう。この世にはTOHOシネマズの不快なだけで微塵も面白くない短編アニメを楽しめる人もいるくらいなので、ニセコイを好きな人がいたって別に不思議ではないです。少なくとも絵は可愛いしな…。
  • 『僕のヒーローアカデミア』。おおっ…!死柄木くんの表情、すっごいな…!!USJに攻め込んで来た時も表情一発で持ってかれましたが、再び別ベクトルですごいのが来た…!ちびっこたちに積極的にトラウマを植え付けようとする姿勢、大好きです。
  • しかしまぁこの世界、「いつ誰が個性(凶器)を振りかざしてもおかしくないのに…」って、実際その通りですよね。死柄木くんの能力はもちろんヤバいけど、お茶子さんの能力とかだって普通にヤバいよな…。触られたら無重力とか十分死ねるもんな…。モラルだけが頼りとか、確かに薄氷の上ですね。ふと思い出したけど貴志祐介の『新世界より』では、その「モラル」が物語の鍵を握ってました。「モラル(規範)」ゆえに大虐殺が起こるという逆説が面白かったです(アニメは見てないけど)。
  • 暗殺教室』。北条さん、素手でライオンを引きちぎるのか…。強いのはわかったけど引きちぎるなよ…ライオンかわいそうじゃん…。強さよりも何でまたそんなシチュエーションになったのかが気になりますね。たまたまライオンがいたんだろうか…。何も素手で戦わなくてもいいじゃんね。いや、もののたとえかもしれないけど…。
  • 『バディストライク』。道場破りの件でテンプレを外してきたのはとても良かったです。いちいちお約束の流れやるの、描いてる方も読んでる方もダルいもんね…。
  • 食戟のソーマ』。叡山パイセン、火、消しちゃうんだ…。そんで「びびってんすか?」くらいのやっすい煽りで…キレちゃうんだ…。何なのこの人?「頭いい」みたいな設定なかったっけ?もはやどうでもいいけど…。きっと作者さんも適当に描いてるのでしょう。現状、ニセコイと並んでジャンプ2大「真面目に読むほうがバカを見る」漫画と化している気がする…。
  • 『始末屋K』。おお!さすが「焼野原塵」の人だけあってギャグがキレッキレで全体的におもしろかったです。「そりゃただの人間じゃないとは思ってたよ!? でも人間だとは思ってたよ!!」とか、相変わらず言葉のチョイスがすごくいい。キュウリのくだりも言語のくだりも敵ボスさんが普通に動揺してるくだりも笑った。あと「種の隔たり…!」っていう勝因が身も蓋もなくて最高。そりゃ種が隔たってたら色々厳しいよな…。この人の漫画、読み手の方をちゃんと向いている感じなのがすごく好感がもてる。ニセコイと違っ(略)
  • 『火ノ丸相撲』。大河内くんが多少なりとも報われていて嬉しい…。この人の扱い、テンプレ嫌な奴キャラ描写から一歩抜け出していてとても好きだな〜。まあ全国では間違いなく噛ませ犬になるであろうが…。マネージャーの黒髪眼鏡の子はかわいいけど、直後の『ものの歩』と見事にぶつかってますね…。次回は「飯」回だそうで…。楽しみ。
  • ワールドトリガー』。加古さんチーム、百合限定じゃなかったのか〜。な〜んだ…。しかし謎すぎる縛りですね、K縛り…。しかしイニシャルKって読み切りとかぶってますね(?)。そして新たに出てきたトリオン兵「ドグ」、弱そうですが、たくさんいたら怖そう。「集団戦闘用」って書いてあるし。そして太刀川…どうなる!あんまり彼が負けるところが想像できないんだけど。葦原先生お大事に…。
  • 今週は終わり。ホントはこんな感想を書いたりニセコイをディスったりしてる場合じゃないんですが…よしとしよう。「無駄も大切だよ」と水木しげる先生がどこかで一度くらい仰っていた気がする。知らないけど…。