読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沼の見える街

ぬまがさのブログです。おもに映画の感想やイラストを描いたりしています。

きららマギカ(vol.23) 読んだ。

  • きららマギカ(Vol.23)を読んだので感想を書いておきます。急遽スター・ウォーズの過去作を見ないといけなくなったので(?)適当な感じですが…。なおハノカゲさんの魔獣編4話の感想はこちら→<魔獣編(第4話)読んだ。 - 沼の見える街
  • お絵描きコーナー「まどナビ」、大分県の「しろみかん」さんという人がほむさやの可愛いイラストを描いていて、有望だなと思いました(何が?)。あ、「僕の考えた魔女」なんてコーナーがあるんですね…。私も送ろうかな…。
  • 巴マミの平凡な日常』。ちゃんと読み始めたのはつい最近なので、色々な設定を知らないまま読んでたんですが、本作のさやかちゃんは恭介と結婚してるのか…。そんで杏子の娘が「ゆま」…?ゆまって「おりこマギカ」の…?(名前が一緒なだけ?)なんかスゴイな。マミさんが孤独のグルメしてる時はホンワカしてますが、他の子たちが出てくると一気にゴリッとした読み味になりますね。「おもしろーい」のコマで、マミさんの楽しそうな表情とは裏腹に、部屋の背景が空虚さを強調してくる描写とか、なかなかキツイものがある。そのあたりが賛否両論が分かれる理由なんでしょう…。でも新房監督が本作を推してるの、何かよくわかるな。良くも悪くも尖ってるし、攻めてますよね。
  • 『まどか☆えんがわ』はセンターカラー(この漫画はカラー率がすごく高い気がする)。タイトル下の立ち絵は「なぎ杏さや」という珍しいトリオ。満面の笑みを浮かべたちゃんなぎが可愛い。そして突如始まる「まんじゅう編2」…! そろそろ魔獣編と間違えて読んでしまう読者が出るかもしれません(出ない)。 たしかに時間停止はお金儲けに使えそうですよね、少なくとも記憶操作よりは…。まんじゅう編以外の本編(?)も安定したドライなホンワカ感で、また年末年始に読み返したくなる感じです。
  • 『すてマ!』。オシャレしてるアンコが可愛いですね。というかデフォルメが上手いんだよな~山田先生…。目が無闇にキラキラしてるマミさんとか好きです。そして2本目で「おっ今回はシリアスなのか。こういう雰囲気イイな〜」とか思っていたら…次回がまさかの最終回!!えーーまじかーー…ショック。ま~魔獣編も始まったし、入れ替えの時期なのかなあ。終わるのは残念ですが、どういう風にケリをつけるのか楽しみです(つけるのかな…)。
  • 『ぽむマギ』。魔法少女の服装についてのお話。あ、まどかとさやかは魔法少女じゃないという設定なのか(なんか意味があるのかしら…)。衣装とか、まどマギ本編の設定に外側から細かいツッコミ入れていくスタイル、きらマギでは意外と見かけない気もするので、なかなか面白いですね。もはや「きらマギ」の読者層ってだいぶマニアックな気もするし(失礼)、こういう方向性は望ましいんじゃないでしょうか。
  • 『見滝原☆アンチマテリアルズ』。4人でフワフワ遊ぶお話。可愛いし楽しいんですが、もう当初の「マミほむ」というコンセプトはやめちゃったんだろうか。マミほむは凄く面白くなりうるカプだと思うので、せっかくならとことん掘り下げてほしいんだけど、難しいのかな~…。もっと読者がドン引きするくらいのガチすぎるマミほむでも良いのよ!…というか「きらマギ」、全体的にもっと気持ち悪くていいと思うんだよな。作者さんの趣味が全開になった漫画が見たい。どうせもうマニアックな人しか読んでないんだから!(暴言)…ダメですかね。
  • 魔法少女まどか☆マギカ』。わーい(部分的とはいえ)ほむさやだ!やはりこの漫画、ほむさやフレンドリー(造語)ですね。さやかちゃんの視点でほむらにツッコミを入れる構造の話が多いからかな…。以前『えんがわ』でもありましたが、ほむさやが一緒にコタツに入る絵面というのは何度見ても良いものです。しかし本作のほむらは、しおらしくなるとメガほむになって立ち直ると元に戻るのか…。なんてわかりやすい…。
  • 『ふわっとまどか』。「ぽむマギ」や「魔法少女部」ともども、さやかちゃんがツッコミ無双をしていますね。何気に本誌で一番愛されている子のような気もしてきました。やっぱり一番動かしやすいキャラですよね、さやかちゃん。(逆に圧倒的に動かしにくいのはまどかだと思う。前にも言ったけど。)
  • 読み切り『なぎさのチーズケーキ』(島崎無印)。堂々たるマミなぎ漫画です。文句なしの公式カップリングのわりにはあんまり見かけないので嬉しいですね。絵も上手くて可愛い。やたら自作にこだわるマミさんもそれっぽい。
  • 『みたきはら幼稚園まほう組』。設定が素っ頓狂な割には、けっこう丁寧に原作のセリフを拾ってきますよね、本作…。良いと思います。あ、一応まどマギ本編とギリギリつながっているのか…でもパラレルワールドと呼ぶにはさすがに無理が…いや、野暮なツッコミでしたね…。
  • 『かなめけ』。おお、「ダンス」の話とはなんだかタイムリーですね…。続編のコンセプトムービー、ちょっと意識してるんだろうか。さすがに間に合わないか。でも前回のハロウィンお化けほむらとかもタイムリーだったしな…。ああいう「まどマギ時事ネタ」はガンガンぶっこんでほしいですね。
  • 『ほむら☆たむら』。む、む…?何回か読み返したんだけど、意味がよくわからない…。あけみ屋っていうのは何?ショートカットの子もほむらで?そんでマミさんが?落語家??んん?? 過去作を読んでると意味がわかるのかしら…。難解だ…。ある意味「作者さんの趣味が全開」になってるとも言えるのかな…。私が読みたい「全開さ」とはちょっと違うけれども…。
  • なんか雑で申し訳ないですが、今日はこの辺で。次回の表紙は「きんいろモザイク」の人だそうで、楽しみですね。魔獣編はもちろん、巻頭カラーの『えんがわ』(ほんとカラー多いな)や最終回の『すてマ!』も気になるところです。おしまい。