読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沼の見える街

ぬまがさのブログです。おもに映画の感想やイラストを描いたりしています。

キテレツ!?ジャンプ感想(2016年3号)

  • 暗殺教室』……まじか…。北条さん…これで、終わり…? いや、シロたちの噛ませになるのかな〜とは予想してたんだけど、ごく普通にE組相手に一週で負けて終わり…? えええ〜…。「E組すげー!」とは思えないよ、やっぱり…。北条さん…しょぼい…。
  • 「メガネを外せば戦闘開始だ」的なお約束を逆手に取るのは松井先生らしくて面白いっちゃ面白いけど、「メガネを外せなかったら戦闘開始できない」っていうのは、それは果たして「強い人」なのか?って思っちゃうよな…。
  • 引きのシロさん&二代目登場も、「強くなったって言ってもしょせんは柳沢と二代目なんでしょ」って感じだし、あんまりワクワクできないんですよね…。ビル壊したからって何なんだよって気もするし…。うーん。期待したいんだけども。来年を待つか…。
  • 『ワンピース』。スターウォーズにあんまり迷惑かけなかったようでホッとしてます…。本編は読みにくいのでちゃんと読んでませんが、ラストの四肢欠損描写は、この漫画らしからぬ過酷さが感じられて良いですね。話はよくわかんないけど。
  • 『僕のヒーローアカデミア』。「限界突破」の修行シーン、砂藤くんと八百万さんはコスト的に色々大変そうですね…。お茶子ちゃんやヘソビームくんは能力を大放出すると別のものも大放出しちゃうので、こっちはこっちで色々大変そうだ…。丸い物体に入ってるのがお茶子ちゃんだとすると、中がやばそうですね、GERO的な意味で。炎の個性を皆にしょうもない使われ方されつつも嬉しそうな轟くんが凄くいい。
  • 「4コマ劇場」。企画コーナーだと最初わからなくて、なぜ松井先生は唐突に4コマを描かされているのだろう…と思ったら違った。『ヒロアカ』と『ソーマ』が特によかったです!葉山かわいい。久々に『ソーマ』の何かを良いと思えました。
  • 『火ノ丸相撲』。師匠はユーマの勝敗にあんまり関心がないのかと思ってたけど、ふてくされて酔っ払う程度には悔しかったのか…ちょっと意外。そして「なんでおまえみたいのが不良やってたのかね…」って本当これな…!(あんまり突っ込んじゃいけないポイントな気もするが…。) それにしても本当に「大人」がしっかり「大人」として描かれているだけで、こんなに地味な話でも面白くなるものなのだなあ…。
  • 『ブラッククローバー』。今週も普通に面白いです。あんまり面白すぎなくて(?)、ちょうどいい感じ。しかしベトベトの子が露骨にえろいんだけど、こういう感じのえろさに対してメイン層たる小中学生はどんな感じに反応するんだろ。大きなお友達と同じように「えろいおねーさんだ…!」って思うんだろうか。あと、ぶれないクズがきっちり無残な死に方してるのも好感度高い。
  • 銀魂』。全然読んでないんだけど、今週は「すごいシリアスな展開にしょうもない笑いを入れる」っていうギャグ回なの…? もちろんシリアスな雰囲気は完全に崩れちゃってるわけだけど、真面目に読んでるファンはどう思うんだろ。わりと楽しめる感じなのかな。独特ですな(興味がないので適当)。
  • 『ものの歩』。主人公の精神的成長を描くためにナチュラルにモブをクズにする、みたいな描写(この漫画に限らず)なんかイヤだな…。「この世界には主人公とお友達とクズしかいないわけ?」って思う。
  • ワールドトリガー』。ガロプラ勢のネーミングの元ネタが『キテレツ大百科』だってTwitterで見かけて、んなわけあるかいと思ったけどマジだこれえええ!! ブタゴリラとかトンガリとかいるもんな…。しかしなんでまたキテレツ…!? 動揺を隠せませんが、本編はもうメチャクチャに面白いです。
  • 味方キャラが登場するだけでここまでアガるっていうのがもう、今まで人物がどんだけしっかり描かれてきたのかという証拠ですよ。辻ちゃんとか緑川くんとかが飛び出すだけで「オオッ」てなるもん。なすくまも燃える…!まだ本格的なバトルは勃発していないのに、本当に読んでいて楽しい。心が洗われる。
  • なので『ニセコイ』は読まなかったことにして終わろう。語るとディスってしまいそうだからな。ジャンプ感想も今年最後だし、爽やかに締めたい。今年も(全体的には)とても楽しめました、ありがとうジャンプ。おしまい。