読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沼の見える街

ぬまがさのブログです。おもに映画の感想やイラストを描いたりしています。

くまちゃん!ジャンプ感想(5・6合併号)

ジャンプ感想
  • 『ワンピース』。あれ!?サンジが出てきた。最近「サンジが丸2年も出てない」っていうファンの嘆きが話題になってたんですが、今回の登場が2年ぶり?…にしてはスゴイあっさり何のタメもなく出てきたな…。そんでまたしばらく出なさそうですね…。逆にオイシイ立ち位置でもあるけど。
  • 暗殺教室』。殺せんせーの「社会を否定してはいけない」的なお説教というか指導、数年くらい前ならスンナリ飲み込めていた気もする…。でもな〜……。
  • こういう「社会や他人に文句を言うのではなく、まずは自分がしっかり生きることです」的なメッセージって、私が尊敬する人たちも事あるごとに言ってて、まぁ真実なんでしょうな〜とも思うんだけど、なんかモヤモヤする感覚も残るんすよね。だって「社会」なんて実際は何度も変わってきたわけでしょう。そしてその変化を成し遂げた人たちの根っこには、やっぱり「社会」や「他人」への不満があるものだと思うんだけど…。
  • そりゃ愚痴ばっか言ってるヤツは嫌だし、怒りや不満に押しつぶされるよりは前向きな行動をしたほうがいいに決まってますよ。でもさ〜…その「いい不満」と「わるい不満」は誰が決めてくれるわけ?っていう…めんどくさいことを最近は思うようになりましたね…。うーん。うまく立ち回れってことなのかなあ。
  • まぁ本作はその問題以前に、「どっちかっていうとお前ら(殺せんせー&E組)こそが社会にとっての脅威(不満の対象)なんじゃねーの!?」問題が大きすぎてな…。先生の(よくあるっちゃよくある)お説教、な〜んかズレてる気がするんですよね…。あとタイトルが暗殺教室なのに、敵キャラに一切暗殺する気ないのはやっぱり冷める。ケーキ撃ってんじゃないよ…先生を撃てよ…。長々と書いてしまったけど、やっぱりここまで来てもノレないな〜って感じ。
  • 『前衛のアーチャー』。おお…?「黒バス」の藤巻先生の新作短編。まさかのファンタジー。ただ、面白いかっていうと…うーん…。弓というお約束を逆手に取るギャグは楽しいっちゃ楽しいけど…他のすべてがあまりに無味というか…。連載になると女性ファンがたくさんついたりするんだろうか。
  • 『火ノ丸相撲』。前々から思っていたが蛍くん、「気弱な最弱キャラ」のテンプレから一歩外れてるのが良いな…。けっこう毒舌なツッコミキャラっていう。常にハラハラしてる桐仁も良い。新しい敵キャラもワートリにおけるエネドラさん的な目新しさがあって良い。もちろん潮くんも良い。みんな良い。
  • 『左門くんはサモナー』。ああ〜アンリさんかわいい…。バカ下郎〜〜ッ。面白さ的にも順位的にもすごく安定してきていて嬉しいな…。他の作品を蹴落としてでもジャンプのラブコメ枠に居座ってほしい…。他っつっても1個しかないけど…。
  • 『4コマ劇場』。「カラダ探し」のお正月4コマ、どういうことなんだよ!!あとワートリが露骨な下ネタに走るとは珍しい…まぁ本編でほぼ皆無だしな…。
  • 『僕のヒーローアカデミア』。女の子がことごとく可愛いというのが素晴らしいなあ(男子もかわいいけども…)。急転直下の展開はすっごい面白いんだけど、わざわざ夜の森に連れ出された生徒にしてみれば、たまったもんじゃないよな…。でも梅雨ちゃん&麗日VS邪悪JKのカードとか楽しみすぎる。何は無くとも梅雨ちゃん大好き。
  • 『ブラッククローバー』。つくづくこの作品、本当に良い漫画になったよな…。こんな急激に良くなることがあり得るのか。「お前さえ無事なら他のやつなんてどうでもいい」と主張するシスコンのお兄ちゃんが、妹本人に「カッコ悪いよ、お兄ちゃん」って言われて凄いショック受ける場面とか、すごく良い。「人は繋がって生きてるんだよ…?」なんていうベタなセリフも、ちゃんとグッときてしまうし…。まっとうにキャラが立ってまっとうな行動をするだけで、こんなに面白くなるものなんだな〜…。参った…。
  • ワールドトリガー』。なすくまなすくま〜。なすくま…尊い…。那須さんの「くまちゃんに化けるなんて…許せない!」って、セリフだけ取り出すとめっちゃ可愛いな。いや、状況を鑑みても可愛いんだけど。ワートリ唯一の公式(?)百合カプだし、私も漫画とか描こっかな…。
  • おしまい。