読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沼の見える街

ぬまがさのブログです。おもに映画の感想やイラストを描いたりしています。

100万…!ジャンプ感想(2016年9号)

ジャンプ感想
  • 『僕のヒーローアカデミア』。ひゃ、100万%とは…。シビアでド派手なバトル描写は素直に凄いし、熱いと思うんだけど、やっぱりこう、精神論で押し切った感じがしちゃうのはどうもな…。USJで峰田くん&梅雨ちゃんの能力をフル活用して勝利したように、なんか理屈(トンチ)が欲しい気はする。この漫画すごく面白いし好きだけど、こういう「根性!」みたいなところだけはあんまりノレないんですよね。まぁ作中最強キャラに「気持ちの強さは関係ないでしょ」とか言わせちゃうワートリが特殊きわまりないだけか…。
  • 『ワンピース』。サンジが殺し屋の一族…。ほう…。ものすごい後付け感があって、どうリアクションしていいのかよくわからないけど、めったなことでは人が死なないワンピースの世界で殺し屋家業とか大変そうだな…とは思った。
  • 『背すじをピン!と』。結果発表のシーンは色々とトラウマ的な記憶が刺激されてヤバイ…。でもやっぱり良い漫画だ。こういう「他の人から見たらどうでもいいような成功だけど、当人たちにとっては大いなる一歩」みたいのを少年漫画でしっかり描いてるのはとても意義深いと思う。意義深いし、新しい。
  • 暗殺教室』。衝撃っぽいラストだけど、今までの積み重ねもあって、「カエデちゃんが死んだ!」とは間違っても思えないんだよな…。ここで死なれても反応に困るし…。ネウロ終盤と何が違うんだろうな…ホント…。
  • 『ものの歩』。ジッポくんお前………。まずは相手に謝りに行こうぜ…。先輩の「こういう時はゴメンやないで」って発言も、てっきり「謝る相手が違うだろ(まずは対戦相手だろ)」的な意味かと思ってたけど、そうじゃないのね…。こういうところが微妙に好きになれないのよな、この作品…。来週あたりフォローが入るかもだけど、「火ノ丸相撲」だったら絶対こういうのは今週中に指摘してくれてたはず…とか思ってしまう。比べるのもアレですが。
  • 『火ノ丸相撲』。前回感じた微妙なガッカリ感を速攻で埋めてくれる手際の良さ、さすがだ…。そりゃ相手はプロだもんね、そうなるよね。いつも普通に面白くて語るところがあんまりないんだけど、ノーストレスで読めるようにものすごく工夫が凝らされているのだろうな…。妙に引っかかってしまう『ものの歩』とかが劣っているというよりは、ただただ本作が凄いのだと思う。
  • ニセコイ』。よくわからないけどヒロインが一人減ったってことなのだろうか。楽くん、「お姉ちゃんをよろしく」って言われて「よろしく…かぁ…」とかノンビリ構えてるけど、よろしくも何も「小野寺さんは別にそこまで好きじゃない」って気づいたばっかりなんじゃないの? それであの反応なの? 読むとディスってしまうのでもうあんまり読まないようにしてるんだけど、読んだら読んだで登場人物が何を考えているのかホントよくわからなくてイライラしてくるという…。この不健康さが魅力なのだろうか…。
  • 『左門くんはサモナー』。一方こっちは安心して読める。クズばかり出てくるものの、胃に優しい健康なコメディだ…。アンリちゃんは本当に「出せば面白い」というレベルの素敵キャラになったなぁ。「余が心細くなると人類滅んじゃうんだからな…」とかスゴイ可愛い。
  • ワールドトリガー』。黒江ちゃんのコスチューム破壊がなんかえろい…。ワートリでは珍しい表現だから新鮮にうつるのかもしれない。本作は全然色っぽいサービスシーンとかないけど、雪上戦でグラスホッパー踏んだチカとか、たま〜に仕方なく(?)エロく見えてしまうことがあって、ちょっとドキドキしてしまう。肌の露出なんかゼロなんですけどね。あ、男性キャラだと辻くんがえろいと思います。あんなホスト風のイケメンなのに女の子が超苦手なんですよ。いいよね。ひさとくんをきっちり評価しているのも、いかにもワートリメソッド
  • おしまい。