読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沼の見える街

ぬまがさのブログです。おもに映画の感想やイラストを描いたりしています。

まとめて返す!ジャンプ感想(2016年10号)

ジャンプ感想
  • 『ゆらぎ荘の幽奈さん』。表紙のヒロインのポーズが、ちょっと前に物議を醸した『のうりん』のポスターにそっくりで微妙な気持ちになる。こういうエロを前面に押し出されると、嬉しいというより気まずい気持ちの方が大きくなってきたな…。歳かな…。でも絵は上手だし、需要はあるのでしょう。あまりにソーマと絵がそっくりで、作画の人が掛け持ちで連載始めたのかと思ったけども(アシさんか何か?)。内容に関しては特に言うことがない…。潔いな、と。
  • 『ワンピース』。なんだか全然さっぱり話がわからん。展開が唐突なのと、キャラが多すぎてな…。歳かなその2。
  • 食戟のソーマ』。クマの手をぶっちぎってミトンにする発想自体は面白いのに、審査員に「なんと異様な…」とか言わせちゃってるのが勿体ない。あとソーマにおける「完封」とか「圧勝」っていつも「3−0」なので凄い感じがイマイチしないんですよね。審査員7人とかならともかく、審査員3人なら(ある程度の実力差があれば)「3−0」になるんじゃないの…? ハッタリとしてはいまいち機能してないんだよな。ワンパターンだし。
  • ワールドトリガー』。な、なんだ…すごく上の方にあるぞ、大丈夫か…(失礼な心配)。今回はなんといっても那須さんですね〜。基本地味なワートリにはちょっと珍しいくらいのド派手な「超必殺技」! 無駄に(?)緻密な絵や、書き文字の勢い、「くまちゃんの受けた傷 まとめて返すわ」という百合セリフ(?)も相まって、スゲ〜〜〜かっこよかったです。菊池原くんの投入もナイス。
  • 暗殺教室』。ラスボスらしき人たち、あっさり倒した…。あっさり具合は好みなんですが、結局勝てた理由がイマイチわからんのがな〜。気合ビームみたいな…。「気持ちの強さは関係ないでしょ」的なロジカルさを松井先生に求めるのはもう筋違いなのかな…。シックスに対する「靴を舐めろ」みたいなオチなんだろうけど、正直カタルシスはあんまりない。
  • 『僕のヒーローアカデミア』。相澤先生かっけー!と言いたいとこなんだけど、あれで先生を仕留めきれてなかったっていうのがな〜…。荼毘さん、無言でぶっ放すべきだったよね…ってどうしても思ってしまう。最後の「戦闘を許可する!」も「今更!?」と感じた。そりゃこんなヤバい奴らがいたら許可も何もなかろうよ。しかしラストの梅雨ちゃんのお腹が少し見えてるコマが素晴らしいので許す(誰)。
  • 『左門くんはサモナー』。「!?」の連発、面白かった!…ただ、作中の「面白い描写」にキャラが笑ってしまっているというのは個人的には少し冷めるかな。あくまでみんなが大真面目でいてこそ光るタイプの笑いな気もする。
  • 『背筋をピン!と』。宮大工くんやっぱり好きだな〜…。この漫画に出てくる男女ペアは、まさしく「リア充」なわけだけど、別に「爆発しろ」とか全然思わんのがすごい。爆発とかしないで普通に幸せになってほしい…。
  • 『火ノ丸相撲』。途中、力士が師匠の悪口を言っているところ、「…と見せかけて全部演技で、すべては潮くんのパワーアップのためなんだろ?」みたいに思ってしまう程度には、この作品の「大人」への信頼は高い。…だけあって、マジで陰口叩いてたんか…とわかるとちょっと不自然さとガッカリ感の方が目立つかな…。うーん…。憧れのプロ力士なわけだし、こういう学生みたいな描写は(説明っぽいし)あんまり入れて欲しくないな…。この手の(キャラを記号的に動かす)描写が本当に少ない稀有な作品なので、よけい目立つだけかもしれんけど。
  • 『バディストライク』。打ち切りか…。なんかもう、投げやりというか、破れかぶれになっているのがわかって、読んでいるのが辛かった…。「どうせ俺の漫画なんて誰も期待してないんだろ」みたいな感情が伝わってきて…。無念さはわかるけど、それはやっぱりダメでしょう。普通に楽しみにしていた人だっていたかもしれないのに。ヒロアカの人だって2回はダメだったんだし、また次のチャンスを狙ってほしいですね…。
  • おしまい。