沼の見える街

ぬまがさのブログです。おもに映画の感想やイラストを描いたりしています。

『僕だけがいない街』読んだ。

  • kindle fireを買ったので、三部けいの漫画『僕だけがいない街』を読み返しています。1巻からリアルタイムで読んでいて、最新刊の7巻も発売日に買ったんですが、「先にこれまでの巻を読み返してから最新刊を読もう」とか思って伸ばし伸ばしにしているうちに時間が過ぎてしまいました…。そんな感じで「楽しみにしてる度合いが大きすぎて逆に後回しになる漫画」ってないですか。ないか…。
  • 僕だけがいない街』はアニメも放映中で、近いうちに実写映画も公開予定のようですが、今の所どちらにもあんまり興味はないですね。アニメはともかく、実写映画の方は監督がちょっと心配というか…。藤原竜也主演っていうのも…う〜〜ん…なのであんまり期待してはいないです。とにかく漫画にできる表現をストイックに突き詰めていく作品だと思っているので、しばらくは漫画のほうのイメージを崩したくないかも。とか言って見ちゃうかもですが…。
  • 最新刊の7巻も非常に面白かったです。「こういう構図になるのか〜」という感じ。いわゆる「真犯人」にあたる人が数巻前に明らかになったんですが、意外性があまりになさすぎて逆に裏をかかれたというか、例のシーンはショックが大きかったですね。
  • 私を含めて大抵の人は「ま〜そりゃあコイツだよな…!」と思ったと思うんですが、でも最初に「コイツ怪しいな」と感じてから、作中で非常に丁寧なフォローが入ったので、「やっぱり逆にコイツじゃなさそうだな」と安心しちゃった人が多いんじゃないでしょうか。「良い人」「賢い大人」の描写が本当に上手い作者さんですし。
  • そして7巻ではその「真犯人」と「主人公&親友」のリベンジ対決みたいな構図ができあがっていって、素直に燃えますね。敵が強大になっていることと、主人公が弱体化していることがスリルを煽ってくれます。過去に戻れる「リバイバル」の能力はもうなくなっちゃったのかなあ。どうやって戦うのか…。
  • 非常に重要っぽいにもかかわらず、意外と本筋にはそこまで関わってこない「アイリ」というキャラが今後どういう風に活きてくるのか、とかそういうのも気になるところですが、眠くなってきたので今日はおしまいです。語ろうと思えばいくらでも語れる漫画なので、また詳しくレビューを書こうかな…。では。