読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沼の見える街

ぬまがさのブログです。おもに映画の感想やイラストを描いたりしています。

梅雨ちゃん梅雨ちゃん。ジャンプ感想(17号)

  • 『僕のヒーローアカデミア』。アニメ、もう始まっちゃうんですね…。すごいな。大丈夫かな。絶対オリジナル挟まないと追いついちゃいますよね…。でも派生させやすそうな作品だし、大丈夫か…。オリジナル回はすべて梅雨ちゃんのスピンオフでもかまわない。ケロケロ。
  • しかし本編はやや複雑な気持ちになる展開ですね…。やっぱりここでデクくんがスムーズに奪還作戦に参加するっていうのがな〜…。あれほど煽られた後でもなお、いやデクくんはやっぱり寝かしとこうよ…と思ってしまうな…。個性不使用なら大して役に立たないのは変わんないわけだし。
  • 最後の「トップヒーローは学生時から…」っていうモノローグ(?)もイマイチぴんとこないんですが、これデクくんの心の声なんですかね?なんだかどうにも「成功するためには学生の時からスゴイ頑張らないといけないのさ!」みたいな「意識高い」っぽい発言に見えちゃってな…。いやヒーローなんだから「意識高い」に決まっているので、それ自体は全然いいんですが、見せ方がな…。うーむ。楽しみですけどね。
  • そしてスピンオフ『梅雨ちゃんのけろけろ日記』。梅雨ちゃん梅雨ちゃん。わずか数pながら、とてもしみじみしていて良かったです。このタイミングでスピンオフがくるなんて、ネットのコアな層だけじゃなくて、やっぱり少年少女にも人気のキャラなんですね、梅雨ちゃん。
  • 秀逸なビジュアルといい、クールさと優しさを兼ね備えた性格といい、ヒロアカ全キャラの中でもブッちぎりで「うまくいっている」キャラ造形だと改めて思います。(そんなにメインで活躍したわけでもないのにね。)まさかすぎる悠木碧の抜擢にも納得するしかないですね。爆発的に人気が出たらどうしよう…。
  • それにしても羽生子ちゃんのガチヘビっぷりには少し面食らった。「個性」と呼ぶにはあまりにヘビーな…。ヘビだけに…(←言わなくていいギャグ)。脱皮を繰り返してちょっとずつ人間っぽくなったりしないだろうか。いや…ケモ系いっぱいいる世界だし、大丈夫かもな、このままでも…。
  • ニセコイ』。千葉県のYさんがどうこうというのは別に興味ないんですが(なんか美談扱いされてるようだけど、結局のところお子様には不可能な手段で作り手側に特別扱いされたわけで、よかったっスね…としか)、集くん13位という結果には驚愕ですね…。マジか。彼を好きだという読者もやはり確実に存在するのか…。世界は広い。本編については特にコメントはないです。いつもの感じですね。
  • ワールドトリガー』。熱血系のろっくん、本作ではなかなか珍しいキャラですね。おなじく珍しい冷笑系の香取さんも、実は相当な実力者だったりするんでしょうか。こんだけキャラが出ているにもかかわらず、そして別に「すごく強い」キャラではないにもかかわらず、新しく出てきたキャラに新鮮さをもたせられるのってスゴイな〜と思う。
  • 読み切り『BOZE』。絵も上手だし、やりたいことは凄く伝わってくるのだけど、なんだろうこの読みづらさは…。あれですよね、「坊主なのに物理的に解決するんかい!?」「ハイテクなんかい!?」っていう、ちょっとギャグっぽいスタイリッシュ漫画…。それはよくわかるんですが、若干詰め込みすぎではなかろうか。悪い意味でウルジャンっぽいというか…。こういう画力がある人の漫画って、別にもっとスカスカしていても良い気がするんですが、ダメなのかな…。
  • 『背筋をピン!と』。部長コンビの描写、切なくてリアリティもあってもう本当に丁寧で素晴らしいんだけど、やっぱり部長の外見がちょっと…いやかなり…ネックかな…。「変な外見だけどすごくいい人」っていうキャラ造形はとても誠実なものだと思うんだけど…。主人公ペアはひたすらかわいいです。
  • 『火ノ丸相撲』。天王寺くん、ついに登場。ラスボス感あるキャラだなあ。そして来週からインターハイ始まるのか…。敵vs敵のバトルとかあるならそっちも楽しみ。
  • おしまい。