読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沼の見える街

ぬまがさのブログです。おもに映画の感想やイラストを描いたりしています。

ハンター再開!ジャンプ感想(20号)

ジャンプ感想
  • 食戟のソーマ』。せ…セントラルの思想、しょうもねぇ…。最終目標が「日本中の料理店を潰すこと」って…いや…ダメだろ…。っていうか普通に無理だろ…。ソーマが体現してる(とは思えないけど)「庶民派」の思想と対置させたいのはわかるけど、「壮大で邪悪な目的」というよりは酔っ払った小学生のたわごとみたいに聞こえるし、それに同調する司先輩も正直アレな人にしか見えない…。ハッタリにしたってもうちょっと何かなかったのか…。
  • 『ワンピース』。懐かしい人が色々出てきた。他が変わってないので、コブラの老け方だけなんか変に思える。
  • 『僕のヒーローアカデミア』。ヒーロー勢がちゃんと有能に描かれてるのは良いですね(それと引き換えにヴィラン勢がちょっとしょぼく見えてきちゃったけど)。こっからどう覆されるのかわからないですからね。しかし切島くん、八百万ちゃんがいるのに5万円の暗視鏡買うのはさすがにコスト考えろよって感じだな…。こういう「不必要な出費」ってフィクションでもすごい気になってしまう。器が小さい。
  • 暗殺教室 番外編』。お話自体は面白いっちゃ面白かったです。でもこの人たち、基本的にはみんな人殺しなんだよね…?どんな事情があろうと、人殺しの仕事について人を殺して金を受け取ってた事実は消えないわけでしょう。その筋で凄い人なら人殺し以外の選択肢だって普通にたくさんあっただろうに…。本編で「殺す」ことがヌルく扱われてきたのはまだスルーできるけど、本職の人殺しにも未来があるとか言われても、さすがに「いい話」とは思えないんだけど…。最後の豹変はネウロっぽくてよかったです。別にハラハラはしないけど。
  • 遊戯王』。打ち上げられた海馬社長のバトルシップに対する「意識高ええええ!」というコメントに爆笑してしまった。意識高いってそういう意味じゃないだろ!!たしかに意識が高く打ち上がっているけども!!映画もちょっと観たくなりました。でも漫画を見る限り、カードゲームのルールが私が知ってるのとずいぶん違うな…。
  • ハンターハンター』。ついに復活…!再開早々、なんかもう話が入り組みすぎてるし、文字の量とか多すぎるし、少年漫画のあらゆる枠組みを完全に逸脱してると思うんですが、それでも冨樫先生なら許されるし、実際めちゃくちゃ惹きつけられるという孤高っぷりがカッコイイですね…。つくづく冨樫先生の描く「プロのプロっぽさ」は群を抜いているよな…。この世のどこかにこういう世界があったらマジでこんな感じなんだろうな、と思わせる説得力が凄まじい。まぁ私は休止直前のハンターを全く追っていなかったので、今の話自体はよくわかんないんですけどね。早めに空白部分のコミックスを出してほしいです。絵的には「黒」の使い方が本当にカッコイイな…。
  • ワールドトリガー』。ジャンプに載ってる全ての漫画が好きというわけでは全然ないですが、それでもハンターとワートリがどっちも読める雑誌というのは、それだけで月900円払う価値があると思いますね…。それはともかく「チカちゃん砲」とワイヤーのコンボえげつないな…。でも本当にこの3人がとれる戦術の最適解を提示してるというか、非常にワクワクするアンサーを出してきてくれて、やっぱ葦原先生マジすげーな…と思います。自分の弱さに悩み苦しんでいた主人公が「罠」の使い手になることを選ぶとか、最高じゃないですか。
  • 『火ノ丸相撲』。ああ、もう天王寺くん戦が始まってしまった…。生き急ぎを感じる…面白いけども…。「相撲の神」に関する両者の対照的な考え方とか、とてもいいですね。(先日見た映画『ちはやふる』にも通じる熱さ。)草薙さんとあたる数珠丸さんという国宝の人が少し気になる。やっぱりレアなんだろうか…(?)。
  • 『斎木楠雄』。めちゃくちゃ笑った。遊戯王、愛されてんな…。しかし今の遊戯王を私がプレイしたらぶっちゃけ燃堂くんみたいな反応になりそうな気がする。
  • おしまい。今日はこれから映画を観てきます…。