読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沼の見える街

ぬまがさのブログです。おもに映画の感想やイラストを描いたりしています。

「アクアパーク品川」行った

f:id:numagasa:20160506224142j:plain

  • 今日は用事があって品川に行ったので、「アクアパーク品川」という水族館に立ち寄りました。なかなか楽しかったです。
  • 突然ですが私は水族館というものを「チャラい水族館」と「チャラくない水族館」の二つに勝手に分けています。めちゃくちゃ適当な印象による分類であり、別にどっちが良いとか悪いとかそういう話ではないんですけどね…。
  • 「チャラい」方はエンタメ重視で、あんまり魚とか水棲生物に興味のない人でも楽しめるような作りになっている。最先端の技術によって照明や音響にも工夫を凝らしたりと、魚や生き物を一種の背景として、ムードある空間を作ることのほうを優先している水族館です。そのかわり、魚の解説パネル等はあんまりありません。私もよく行く「すみだ水族館」なんかは、どちらかといえば「チャラい」イメージです。(生き物に対する姿勢は真摯なものだと思うので、「不真面目」ということでは決してないんですが。ただのイメージです)
  • 「チャラくない」水族館はその反対です。客を楽しませるムード作りよりは、生物学的な好奇心を真面目に満たすことを優先させていて、色々な生き物をドンと置いて「好きに見ていけよ」みたいなスタンスを感じる、まぁ昔ながらの水族館ですね。「葛西臨海水族園」や「しながわ水族館」なんかは、どちらかといえば「チャラくない」イメージです。
  • 前置きが長くなりましたが、今日行った「アクアパーク品川」は、まぁ「チャラい」の代表格みたいな水族館でしたね…(disってないですよ)。館内にアトラクション的な遊具とかオシャレなバーとか写真撮影コーナーとかがあって、子供連れやカップルで半日くらい過ごすのにはピッタリなんだろうな〜と思いました。とはいえ別に場違い感を味わわされることはありませんし、生き物もかなり人目をひく「華のある」方々を取り揃えているので、退屈せずに回ることができました。
  • 一番「おお」と思ったのはやはり水中トンネルのオニイトマキエイ(マンタ)さんですかね…。日本でマンタを飼育している水族館は滅多にないので、かなり貴重です。でかいエイはでかいサメに匹敵するロマンですよ…。いつか飼いたいです(無理だろ)。
  • 円形のでかいプールでのイルカのショーも良かったですね。よくある感じの可愛いイルカさんとのふれあい的なやつかな…と思いきやけっこうガチなエンタメで、和服をビシッと着た飼育員さんたちが、和風ロックっぽい音楽に乗せて、イルカたちを縦横無尽に操るという非常に気合の入ったショーでした。
  • 「前4列は水がかかります、注意してください!」というアナウンスとともにポンチョが配られるんですが、「水がかかる」っていうかイルカが完全に己の意思でシッポをバタバタ動かして、客席の人間どもにバシャバシャ水をぶちまけてくるんですよね。その姿にサービス精神と悪意を感じて笑いました。いやイルカのせいではないけども! 次は水ぶっかけられる席にチャレンジしてみようかな(今日はみんな恐れをなしたのか、ガラガラでしたが…)。
  • あ、写真に写っているのはカワウソです。ものすごい勢いでダッシュしていたんですが、たまたま良い感じの飛び出しシーンが撮れたので置いておきます…。カワウソといえば『ズートピア』に関するコメントがしたくなりますが…まぁネタバレになるのでやめておきます…。
  • くたびれたので今日はこの辺で。全体的にややチャラいけど楽しい水族館でした。値段がやや高めですが、アクセスも良好ですし、半日くらいノンビリするにはちょうどいい水族館かもしれません。おしまい。