沼の見える街

ぬまがさのブログです。おもに映画の感想やイラストを描いたりしています。

えろとは…。ジャンプ感想(24号)

  • 新連載『たくあんとバツの日常閻魔帳』。『ねじまきカギュー』の中山先生を彷彿とさせるカッコかわイイ絵ですね。「股間を頭突きする」っていうのは読み切りの時と同じネタですが、作者さん的には重要なポイントなのでしょう…。股間に頭突き、ってバカっぽさと同時に謎の背徳感もありますしね。ところでこういうロリロリしたお色気というのは主要な読者層の小中学生にはどういう風に響くのだろう。「イヤこんなん見せられてもな…」という感じの子も多いんじゃなかろうか…。
  • 食戟のソーマ』。ええ〜…負けたのにソーマに何のペナルティもないのか…かなり興ざめ。一回くらいソーマをセントラルに吸収させて、そこからまた勝負して下克上、みたいな流れでも面白いと思うんですけどね。ほんと『ソーマ』は悪い意味でのハッタリばかりの作品になってしまった気がする。理不尽にディスられまくってきた田所さんがきっちり認められてるのは良かったです。
  • 『僕のヒーローアカデミア』。切島くんがちゃんと役に立ってよかった…。しかしここまでヴィラン側の強さを印象深く描かれてもなお、やっぱり轟くんに勝てる気があんまりしないんだよな…。もうみんな氷漬けにしちゃえばいいのでは?という気がしなくもない。そんで後で味方だけ回収すれば?っていう。轟くん、正直オールマイトよりも強いのではないか。レリゴーなのではないか。
  • ワールドトリガー』。うおーー、修がめちゃくちゃ活躍してる…。きっちりトラップで勝ちきっていてスゴイ。そして自分の「致命傷」までも相手を確実に殺(と)るための撒き餌に利用するユーマさん、まじ歴戦のウォーリアー…。このまま圧勝して欲しいような、香取さんの意地も見たいような…ウムム。
  • 『ものの歩』。ザッと読んでたからかもしれないけど、「親指使わないのが難しかった」って台詞が全く意味わかんなくて、その言葉にエライ感動してる師匠に「??」ってなってしまった。よく読めば意味がわかったんだけど、「賭けちまうだろ」って言われるほどかというとよくわからない。地味だ…。
  • 『ゆらぎ荘の幽奈さん』。ちゃんと読んでいるわけではないしディスるつもりもないんだけど、ホントこれだけ絵が達者で、不自然なほどのサービス過剰っぷりでエロが強調された漫画なのに、マジで全くエロさを感じなくて、嫌味ではなく不思議だな…と思う。なんでだろう?私が中学生じゃないから…? キャラクターに思い入れが全然ないから…?あまりにも大っぴらで露骨だから…?わからない…。でもエロさという情念がどういう条件で発動するものなのか、というのは凄く興味がある。ただまぁ最近ジャンプで「エロい」と感じたのが、梅雨ちゃんが胃袋を吐き出す前に「あんまり見ないでね…とっても醜いから」って言ったシーンとかだしな…。単に読者の嗜好の問題なのかもしれません(ひどいオチ)。
  • 『火ノ丸相撲』。どっちが勝つのか本当に全然わからなくて、やっぱりスゲーなぁ…。ここまできたら潮くんだよな、という気はするんだけど、でも相手が相手だし…という恐ろしい予感もあり。この緊張感を演出する手腕は並大抵のものじゃない。どっちが負けてもタダですまないだろうから、どっちにも負けて欲しくないけど、でもどっちかが負けるしかないんだよな、っていうこの重苦しい雰囲気…。地道な描写と演出に基づいた、良い意味でのハッタリパワーが凄い。他の漫画と比べているわけではなく…(比べてんだろ)。
  • ハンターハンター』。ものすごい数と密度の集中線と効果線だ…。火ノ丸相撲を絶賛した後でなんですが、本来あんまりこういう肉弾戦の駆け引きに面白みを感じるタイプではないので、今回も「なんだかスゲーなあ」くらいの感想なんですが、どっちが勝つのだろう…。「ちゃんと見てたよ」「知ってる♡」って恋人めいてますね。
  • 『背すじをピン!と』。主役2人の会話を延々と聞いていたくなるな…かわいい…。「絶対に勝ちたい」って少年漫画の主役の台詞としてはベタなはずなのに、ツッチーが言うと「すごく成長したんだなあ…」と思わされる。めっちゃ良い漫画だ…なんか後ろのほうにあるけど…。
  • おしまい。