読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沼の見える街

ぬまがさのブログです。おもに映画の感想やイラストを描いたりしています。

ジョジョアニメ「山岸由花子は恋をする」感想

ジョジョ

f:id:numagasa:20160529215937p:plain

  • ジョジョ4部のアニメ第9話「山岸由花子は恋をする その2」の感想です。毎回のように言っていますが(毎回感想を書いているわけではないけど)、今回も本当に素晴らしかったです。由花子さん、あらゆる意味で最高でしたね…。もともと好きキャラでしたがさらに大好きになりました。
  • ところで、前回くらいからOP曲がガラッと変わりましたね。4部アニメは物語が進むにつれてどんどん曲にアレンジを加えていく感じなんでしょうか。これまでのポップで楽しい雰囲気も良かったですが、今のバキッとしたゴージャスなサウンドもかっこよくて好きです。エコーズの姿もやっと出たし…。吉良吉影が登場するあたりでまた何か変化を加えてくれそうで、今から楽しみです。
  • 由花子を演じる能登麻美子さん、有名なベテラン声優さんにもかかわらず実はあんまりよく知らなかったんですが、ホント素晴らしかったですね。前回の喫茶店での告白のくだりは「由花子にしてはちょっと可愛すぎるかな?」と思わなくもなかったんですが、それすらも直後の豹変の前振りだったという…!とにかくギャップが最高でした。少しドスの効いた「本来の」声になってからは、もうまさに「由花子だ!」という感じでテンション上がりまくりです。
  • 今回だと、「好きな人のパンツを洗えるなんて幸せなことじゃない?」というあたりの「言ってることは(ある意味で)健気なんだけどやっぱりどう考えてもこいつヤベェ…」という、由花子さん特有のギリギリのバランスをうまく表現していましたね。まさに名演でした。
  • 背景の色彩設計も相変わらず素敵としか言いようがありません。3部までと比べても明らかに段違いの格好良さですし、色のコンセプトをこれまで以上にクリアにしようという方針に変えた結果でしょう。統一感の中にアレンジを効かせる手法が見事で、背景を見ているだけでも楽しいです。今回だと別荘の塗り方とかも奇妙でありながら少し懐かしい絶妙な色合いでしたし、奇抜でありながら「たしかにこれしかないよな、最適解だわ…」といつも感心させられます。
  • 公衆電話のくだりも緊張感があって良かったですね。ボタンの発信音で電話がかけられるっていう豆知識をこの件で知った人は多いのではないでしょうか…(私とか)。こういうせせこましいスタンドの使い方が本当に楽しいんですよね、4部は特に…。「大嫌いだ!」がボロっと落ちる瞬間の演出にも笑いました。理不尽すぎる…。
  • クライマックスの康一くんvs由花子のバトルも最高でしたね。まさか「ションベンタレのチンポコ引っこ抜いて…」だとか「あんたのもそうなるのよね〜!」とかのくだりをそのままやるとは!! 確かに由花子の極端すぎる性格を表す強烈なパンチラインですが、いかんせん過激すぎるしカットもやむなしか?と思っていたので、能登さんの渾身の演技に震撼いたしました。アンジェロの過去をカットしなかった(それどころかさらにエグくしていた)時にも思いましたが、スタッフの「押さえるべきところは絶対に押さえる」という覚悟を感じずにはいられません。こりゃ〜吉良吉影のアレとかコレとかも期待できそうですね…。
  • ラスト、由花子が康一くんを殺そうとしている時に、康一くんはすでに由花子を助けるためにエコーズact2を発動させていた…という決着も、アニメで見直して改めて感動させられました。「出会った時には負けていた」という由花子のセリフも、前回冒頭の「スタンド使い同士は必ず出会う」という間田の言葉に対応しているようでグッときます。二人が出会ってこうなってああなるのはもう、運命的なアレなのかもしれません…(ぼかし)。
  • 康一くんをアゲまくった直後の「遅いんだよ、もぉ〜〜」というセリフの言い方も「とはいえ康一くんは康一くんである」という感じでホンワカしましたし、「テストの点が上がった」というオチもなんかしみじみ面白いんですよね。恐ろしい相手に捕らえられて酷い目にあったけど、その経験がちょっとだけ日常の役に立ってしまう…という、善悪の境界が曖昧で清濁あわせもっているこの感じが、とても4部っぽいです。
  • 4部アニメは本当、「ジョジョはなぜ面白いのか」「原作の何が面白いのか」ということを、これまで以上にとことん突き詰めて考えているように思います。私に取っても4部はジョジョの中でも屈指の好きなパートですが、それでも「こんなに面白かったっけ」って毎回思わされますね。まだ途中なので言い切るのもアレですが、漫画のアニメ化で、これほどの成功例ってあんまりないんじゃないのかな…?とさえ、大袈裟でなく思ってます。私のような面倒くさいうるさ型のファンが言うのですから間違いありません。アニメスタッフのジョジョ愛がラブデラックスで嬉しい限りです。
  • 次のトニオさん回も「4部といえばコレ」という人もたくさんいるであろう、めちゃくちゃ重要なお話ですが、このぶんだと大いに期待できそうですね。(今のうちにトマトとモッツァレラチーズを購入しておくかな…。)めちゃくちゃ楽しみです。なにやら実写化の噂なんかも出ているようですが、今日はノーコメントで終わっておこう…。ではまた。