沼の見える街

ぬまがさのブログです。おもに映画の感想やイラストを描いたりしています。

ヒソカ!!ジャンプ感想(28号)

  • 今週は『ワールドトリガー』が休載なので寂しいですね…。でもまぁ、そもそも週刊連載なんてブラック労働の最たるものですし、たまにはしっかり作家先生たちに休みをとらせるというのが普通になったほうが良いのかもしれません。コミックスでも読み返して再開を待ちたいと思います…。15巻も出たしな。
  • 僕のヒーローアカデミア』。「UNITED STATES OF SMASH!!」という必殺技の名前から、「ああ、もうオールマイトが技を使うことはないんだな…」という哀愁が漂ってきて良いですね。てっきりここでオールマイトもオールフォーワンも死ぬのかと思っていたので、どちらも生存エンドは意外でしたが…。先生は一回捕まりましたが、同じ刑務所にステインもいるし、不安しかありませんね。次はどういう展開になるのかな。半端なところで終わった強化合宿もちゃんと続行して欲しい気もする…。
  • 背すじをピン!と』。表紙が確実に少年じゃない世代を撃ちにかかってる…!レトロでかっこいい。本編も絵ぢから全開という感じで素晴らしかった。大怪獣どうしがぶつかり合っているからこそ、最弱ペアがのびのびしてるって理屈もよくわかるし。
  • 左門くんはサモナー』。ゲスとクズが生き生きしてる回にハズレなしの法則で、今回も面白かったです。「ケツ拭く紙にもなりゃしねえってのによお!」とかクズっぷりが堂に入ってる…。ところで次回サキュバス登場ってマジか…すごい楽しみ。
  • 食戟のソーマ』。卵の天ぷらって「いわもとQ」とかでお品書きにあったけど、こういう風に作ってるのかな。えりなとの最初の因縁をちゃんと尊重していて、今回はわりと面白かったです。
  • ハンターハンター』。うおおおこうくるか!! 正直先週までのヒソカクロロバトルは「よくわからんけどちゃんと読めば面白いんだろうな」くらいのテンションでしたが、いきなりギアがトップに入りましたね。超面白いです…。シャルはマジで死んだ…? 幻影旅団でも屈指の人気のキャラをこんなあっさり切るのを見ると、やっぱりとんでもねえな冨樫先生…と思わざるをえません。でもシズクとか死んだらイヤだな…面白いけどイヤだ…でも超楽しみ…。先週までは「もう冨樫先生はレジェンドなんだから好きに休んでくださいよ」とか思ってましたが、こういう展開になったらもう一気に読んじゃいたいですね。現金なものですが…。
  • 火ノ丸相撲』。ユーマさんがしっかり勝ててよかった…。「俺だけ名指しで…」の部分に隠しきれず滲み出てしまう嬉しさがなんか良いですね。しかし典馬くんにはさすがに誰も勝てないだろうし、ここに誰をぶつけてくるんだろう。盛り上がり的には千尋だろうけど、ここで彼が潰されるとだいぶキツイ気がするんだけど。気になりますね。
  • 『ふぞろいの分身たち』。ワールドトリガーの代原読み切りなので一応読んでみましたが、面白くは、ない…。面白い云々の前にあんまりやる気を感じないですが、こんなもんなんだろうか。だって天下のジャンプに自分の漫画が載るなんて凄いことなのに、こんな(申し訳ないけど)微妙な絵で、話もギャグも全然練った形跡がなくて、作家の人はそれでいいの…?って普通に思うんだけど、どうなんだろう。ギリギリのスケジュールで無理やり描かされたのかな…。ワートリに匹敵するクオリティなんてそりゃ求めないけど、こんなつまらないギャグ漫画だけじゃなくて、もうちょっと気の利いたサスペンス調の読み切りとか、色々な作品をストックしておいたほうが良いと思うんですけどね。そのほうが作家さんも安心して休めるのでは…。
  • 『斎木楠雄』。もはや「メタ少年漫画サスペンス」みたいな新たなジャンルになっているな…。いや、スゴイ面白いんですけどね。佐藤くんがこんな超強力なメタ触媒みたいなキャラになるとは予想していませんでした。
  • おしまい。ハンターがこのまま突っ走ってくれるならワートリはしばらく休載でも(そして代原が全部つまらなくても)耐えられそうです…。