沼の見える街

ぬまがさのブログです。おもに映画の感想やイラストを描いたりしています。

『日本で一番悪い奴ら』感想

  • 映画『日本で一番悪い奴ら』の感想を忘れないうちに書いとこうと思います。ベスト10に入れたにもかかわらず結局感想を書いてませんでしたからね…。(観たのいつだっけ。先々週くらい?)夏バテ気味でやる気がないので大したことは書きませんが、とても面白かったです。
  • 監督は『凶悪』の白石和彌で、主演は『そこのみにて光輝く』『リップヴァンウィンクルの花嫁』の綾野剛です。こうして列挙すると綾野剛フィルモグラフィーはすごいですね…。呉美保や岩井俊二など、腕のある監督が声をかけたくなる何かがあるんでしょうな。
  • そして今回も綾野剛は素晴らしかったですね。舞台は北海道警察、綾野が演じるのは諸星要一という若い警官で、最初は仲間にハブられてる弱々しい柔道青年なんですが、裏社会とつながって拳銃を押収しまくることで、組織の中をどんどんのし上がっていきます。彼の隆盛と没落を描いたのがこの映画というわけです。
  • 笑ったのが、弱々しい青年がヒャッハーマインドのドチンピラ警官へと変わるのが本当に一瞬なんですよね。「裏社会とのコネを作らないと警官ってのはダメなんだよ」みたいなことをピエール瀧演じる上司に言われて、めちゃくちゃ素直にそのアドバイスを受け取り、「諸星要一」という本名を印刷した名刺をあちこちに配りまくる。そして気づいた時にはホントに裏社会とのコネができていて、やがて情報元となる「S(スパイ)」を作り、そこから得た情報をもとに拳銃を取り上げて自分の出世のための「点数」にする。
  • いきなりヤクザの家に押しかけて、女とのセックスに興じるヤクザをぶちのめして手錠で拘束し、捜査令状も何もなく部屋を探し回るくだりとかあまりに酷すぎて笑うしかありませんでした。おまえ急に貫禄つきすぎだろ!っていう。でもこの「素直さ」「まっすぐさ」がダイレクトに「凶暴さ」につながっていく諸星のキャラクターが妙に魅力的で、ついつい「おう、おまえはもう行けるところまで行けよ」とか思ってしまいます。
  • そうこうしてるうちに諸星が裏社会のゴタゴタに巻き込まれていき、中村獅童の演じるヤクザ・黒岩に呼び出しをくらったりする展開もすごく面白かった。内心はめちゃくちゃビビりつつも弱みを見せるわけにはいかない諸星と、勝手に部下の拳銃を押収されて怒り心頭ながらも、どこか諸星が気になっている黒岩…という関係が絶妙でした。
  • 黒岩の開口一番の「はい、こんにちは〜」は中村獅童のアドリブみたいだったですが、あれ最高でしたね。思わず手が震える諸星をみてつい吹き出してしまい、そこからまさかの意気投合…という流れも自然でしたし、「マッチョであり続けなければならない」という警官とヤクザの悲哀とおかしさがよく出ていた、本作の白眉シーンのひとつだったと思います。
  • 諸星の相棒役となる、『TOKYO TRIBE』で主役を演じたラッパーのYOUNG DAISくんが今回もいい仕事してました。途中から出てくる犬っころっぽい青年・田辺太郎の役なんですが、「かわいい舎弟」としてこれ以上ないくらい魅力的で、実にハマってましたね…。やはり本当に実力のある役者さんです。ラッパー出身の俳優さん、今後もどんどん増えていきそうですな。
  • この太郎が紆余曲折の末、途中でとあるお店を開くことになるんですが、それに対する諸星のリアクションには不覚にもグッときました。諸星は一貫してめちゃくちゃなことばかりやっているんですが、この映画でたった一度だけ心から嬉しそうにするんですよね。だからこそその後の展開に「ああ…」という悲しさが生まれるわけですが…。
  • この映画は、警察という最も「マッチョ」な組織のなかで、ヤクザや同僚と渡り合う「マッチョ」さを鎧のように身につけていった、とんでもなく素直な男の一代記ともいえます。マッチョさ(ワルさ)を武器にのし上がっていく姿は爽快ですが、どんどん無理が出てきて、ついにはそれを貫けなくなる。後半のある取引で頭に銃を突きつけられ、それまでの強気な態度とは一転して心底怯えている諸星の姿は強烈でした。オラオラと突き進んできた諸星が、あそこで初めて「死」を意識させられたということなんでしょうね。そうしたらもう、恐怖で動けなくなってしまった。そこから転落が始まっていくわけですが、中盤までのトーンとは打って変わった悲しさに溢れた没落の過程も見応えがあります。
  • それでも最後、落ちるところまで落ちた諸星が「俺は俺の意思で生きた」というような満足げな表情を浮かべるシーンを見ると、「ハッピーエンド」とは全く言えないにしろ、傑作『ブレイキング・バッド』を見た後のような不思議な爽やかさが心に訪れるのも事実です。(麻薬を流して荒稼ぎ、そして転落…というストーリーも似てますしね。)脱げなくなったマッチョさの鎧に押しつぶされながら、全体的に「間違い続けながら」も、それでも行き着くところまで突っ走った人間・諸星要一。映画が終わる頃には、彼の人生が心に焼き付いて離れなくなっていることと思います。
  • いったんこの辺で終わりにしますが、しっかりリアリティもあって、笑える場面もたくさんあって、130分と長尺ながらも退屈せずに最後まで観ることができました。ラストシーン、日の丸と一緒にある言葉がドーンと出てくるくだりも、まさに「反骨」の姿勢を感じさせて素晴らしかったですね。たいへん面白い(個人的には『凶悪』より格段に面白い)エンタメ映画ですので、映画館でやっているうちにぜひご覧になってみては。ではまた。