読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沼の見える街

ぬまがさのブログです。おもに映画の感想やイラストを描いたりしています。

ジョジョアニメ「漫画家の家に遊びに行こう その2」感想

  • ジョジョ4部アニメ「漫画家の家に遊びに行こう その2」の感想です。
  • 1クールぶんが終了したことで、今回からOPが新しくなりましたね。音楽もアニメもすごくカッコよかったです。心音を写したイントロから味方キャラがぐるぐる回るカットに入っていき(億泰が渋い)、4部ファンにはおなじみのあのみんなで空を指す集合絵のポーズに決めるという流れがとても綺麗ですね。
  • その後のアニメーションの写し方も、ちょいちょい不穏なカットが挟まれるのが凄く4部らしくて良い。重ちーと間田と億泰という(4部を代表するボンクラ的な)トリオが楽しそうにしているなか、ラスボス吉良の不気味さを象徴する「爪を切る」という行為の絵をはさみ、何かを察して飛び立つ鳩から(4部のもう一人の主人公である)露伴へと視点をつなげるというテクニカルさ。何回見ても「おおっ」と思います。
  • 仗助・康一・億泰のトリオを俯瞰で眺める不安げなショットに、「虫喰い」がちょろちょろっと走る姿が入っていたりするのも良いですね。エコーズAct3やシンデレラもカッコいい。由花子たちの顔にブラインドの影が落ちているように見えるのも、シンデレラの能力を暗示していてうまいです。鈴美さんのヒロイン感もスゴかった…。
  • 前回までのOPの賑やかで楽しいムードから一気に「4部はここからが本番」という不気味(かつ熱い)雰囲気にシフトしたことがはっきりと伝わってきて、話を知っているにもかかわらずワクワクさせられるOPでした。そしてOPの内容から考えても、シアーハートアタック戦の次くらいから最後のOPになるのは確実でしょうな。神風動画さん、戻ってくるか…?どちらにせよ、今からめちゃくちゃ楽しみです。
  • OPの話が長くなってしまいましたが、本編も前回より格段に素晴らしい作画と演技のクオリティで、しかし実質的なギャグ回でもあり、大満足でした。もう冒頭の、露伴の漫画を描くアクションを完璧に再現するくだりからして最高でしたね。
  • 仗助と露伴の心理戦も、アニメで改めて思ったんですが、かなりメタ的な展開ですよね…。敵キャラが「こんな時に漫画の主人公ならどうするか…?」っていうセリフをまさに漫画の主人公に投げかけているわけですから…そういう意味でも面白かった。そしてバトルの決着のつけ方はジョジョの中でも屈指の力技というかゴリ押し感があるものなので、アニメでもギャグっぽさに振り切ったのは正解だったと思います。(0.2秒で対抗策を思いつく露伴とか笑いました。)
  • 康一くんが仗助の髪型の「理由」を語る回想も、アニメで自然な感じで見せるのはけっこう難しかったと思うんですが、導入も自然でとてもよかったし、演出も感動的でした。なんといっても、仗助の恩人の「声」を聞かせずにセリフを全て字幕で表現したのは「大正解」としか言いようがない。
  • あの恩人は「ひょっとすると仗助本人だったのでは?」みたいな推測も当時からけっこうなされたようなのですが、やっぱり「赤の他人だった」というほうが格段に感動的ですからね。杜王町には救い難い「悪」も確かに存在しますが、その一方であの時の恩人のように、困っている人を助けずにはいられない「黄金の精神」を持っている人間もいる。そして仗助を救ったその精神がしっかりと彼に受け継がれて、巡り巡って杜王町に潜む最大の「悪」を倒すことになる。これこそが4部の核心であり、グッときてしまうポイントなわけです。そんなわけで、あの字幕の演出はまったく正しいと思いました。(欲をいえば「大事な学ランを汚してまで…」みたいなセリフは一応カットしないで欲しかったですが。)
  • 今日は時間がないのでこの辺で終わりにしておきますが、今週のツボを押さえた演出をみるに、来週の「ネズミ狩り」から続くアレコレも凄く楽しみになりました。おしまい。