沼の見える街

ぬまがさのブログです。おもに映画の感想やイラストを描いたりしています。

2017年映画ベスト10

もう新年になっちゃいましたが、2017年に劇場で観た映画(全94本)のベスト10をイラストにしてみました。おまけに全映画リストも載せておきます。(文末にちょっとだけコメントも。)

f:id:numagasa:20180105114858p:plain

f:id:numagasa:20180105114907p:plain

f:id:numagasa:20180105114918p:plain

f:id:numagasa:20180105114928p:plain

f:id:numagasa:20180105115303j:plain

ベスト10に入れようか迷ったのは『LOGAN』『未来を花束にして』『パターソン』『マイティ・ソー ラグナロク』『スパイダーマン ホームカミング』『帝一の國』『ベイビー・ドライバー』『ムーンライト』『はじまりへの旅』『モアナと伝説の海』あたりです。この辺の傑作群が漏れてしまうほど、厳選に厳選を重ねたベスト10だと思っていただければ…。

特に実写アメコミ映画は本当に豊作だったと思ってますが、まさかの超弩級インド映画『バーフバリ』が来たせいでベスト10に1本も入れられなかったのは心残り…。ただやっぱり2017年ランキングはユニバースものよりは、比較的「小さな」作品を優遇したいなという気持ちはありました。とりわけ上位4作はどれも小規模公開でしたが、抜群のエンタメ性とテーマ的な素晴らしさを兼ね備えた傑作中の傑作ばかりですので、機会があればぜひご覧ください。

他にも『IT』『RWBY4』『アシュラ』『マグニフィセント・セブン』『キングコング 髑髏島の巨神』『ハクソー・リッジ』『ぼくと魔法の言葉たち』『夜明け告げるルーのうた』『わたしは、ダニエル・ブレイク』『ジョン・ウィック2』など、よかった映画をあげればキリがないのですが…この辺で。本当に2017年は豊作だったと思います。今年は生きものジャンルで忙しくなってしまいそうですが、2018年もなんとか時間作って観ていこうと思いますので、映画の女神が微笑むことを祈るとしましょう…。ではまた。