沼の見える街

ぬまがさのブログです。おもに映画の感想やイラストを描いたりしています。

緊急図解「オーストラリア森林火災」

歴史的な大火事となり、現在も燃え広がって多くの被害を出している「オーストラリア森林火災」。動物たちが受けている壊滅的な被害の現状、なぜ火災がこれほど大規模になったのか…などの情報を、なるべく完結にまとめて図解しました(いつもの図解の緊急バージョンということで…)。様々なデマや憶測も飛び交っているようですが、できる限り信頼のできそうな情報を当たっています。

(修正1:オーストラリアの南西の街「パース」が「バース」になっていた…申し訳ないです)

f:id:numagasa:20200112134702j:plain

f:id:numagasa:20200112124234j:plain

f:id:numagasa:20200112124301j:plain

f:id:numagasa:20200112124312j:plain

◯4枚目で紹介した寄付ページのリンクもそれぞれ貼っておきます。

ポートマッコーリー・コアラ病院

https://www.gofundme.com/f/help-thirsty-koalas-devastated-by-recent-fires

WIRES

https://www.wires.org.au/donate/emergency-fund

WWF

https://donate.wwf.org.au/donate#gs.rbiyl0

ニューサウスウェールズ州地方消防隊

https://www.rfs.nsw.gov.au/volunteer/support-your-local-brigade

赤十字社

https://www.redcross.org.au/campaigns/disaster-relief-and-recovery-donate#donate

VINNIES

https://donate.vinnies.org.au/appeals-nsw/vinnies-nsw-bushfire-appeal-nsw

 

◯寄付の詳しい方法について

【オーストラリア山火事2020】助けて!現状と消防士・被災者支援やコアラ募金の方法について

すでに広く読まれているページで、様々な募金先が分かりやすくまとまっています。詳しい募金の方法も丁寧に書いてあり、英語が苦手な人でも参考になると思います。

https://photraveller.com/australia-bushfire-2020-2433

「私たちにもできることがある! オーストラリア山火事被害への支援。」

VOGUEの記事。主要な支援先について参考にしました。

https://www.vogue.co.jp/lifestyle/article/2019-01-09-how-to-help-australian-wildfire-crisis-cnihub

 

◯図解作成にあたって参考にした主なページなど

森林火災続くオーストラリア BBC気象予報士が要因解説

https://www.bbc.com/japanese/video-50969978

インド洋ダイポールモード現象 豪の森林火災と日本の暖冬

https://news.yahoo.co.jp/byline/katayamayukiko/20191208-00154024/

オーストラリア 去年は最も暑く乾燥した年に 森林火災にも影響

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200109/k10012240531000.html

コアラ数万匹が焼死か オーストラリア森林火災

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54275750Q0A110C2CR8000/

'Silent death': Australia's bushfires push countless species to extinction

https://www.theguardian.com/environment/2020/jan/04/ecologists-warn-silent-death-australia-bushfires-endangered-species-extinction

その他色々ですが、いったん省略させてください。基本的に信頼できそうなメディアを当たりました。他には英語の主要紙、地元ニュースなど。

 

余談ながら私の一作目となる『図解 なんかへんな生きもの』の表紙はカモノハシですし、続く『ゆかいな生きもの㊙︎図鑑』にもオーストラリアの動物はたくさん登場しました。おかしな言い方かもしれませんが、オーストラリアの動物には本当にお世話になっています。これ以上動物が苦しむことのないように事態が収まり、破壊的な打撃を受けた環境が少しでも回復することを、一動物好きとして願うばかりです。今後もオーストラリアの動向を見守っていきます。