沼の見える街

ぬまがさのブログです。おもに映画の感想やイラストを描いたりしています。

渡りシーズン!シギの皆さん図解

近所の水辺にシギの皆さんが大勢いらっしゃるので図解してみました(他にもいるけど)。ヤバいほど長距離の渡りトラベルの途中で日本に立ち寄ってくれているシギもいます。飛んだり食べたり休んだりピピピ!と鳴いたりカニを襲ったり、にぎやかで楽しいので堪能しましょう。再び飛び去ってしまう前に…

もうすぐいなくなっちゃうシギの筆頭候補はオオソリハシシギかな。以下の記事を読んでそのスケール感に思いをはせましょう〜

www.wwf.or.jp

クイナな瞳!「オオバン」図解

黒くて丸っこい水鳥「オオバン」の図解です。カモのようでカモでない、でも泳ぎも歩きもお手のもの!な万能型バードなのですが、ちょっぴり不器用な一面も。そんなオオバンが巻き込まれたトラブルに出くわした、ある日のエピソードもご紹介します(突然のエッセイ漫画形式で)

ちなみに図解と漫画のベースにしたのはこちらの出来事。

図解にも書いたけど一応補足すると、今回のオオバンは「ネコの襲撃を現行犯で目撃」「放置するとほぼ確実に死ぬ」という諸条件を考慮した上で保護(つっても一瞬だけど)しましたが、可能な限り野生動物の命運は自然に任せましょうね! 私もオオバンを襲ってるのが(ネコではなく)タカとか他の野生動物だったら、かわいそうだけど放っておいたことでしょう…。ただネコはどうしても「自然」扱いはできないというか、極めて人為的かつ例外的な動物なのです。

この辺のリンクもご参考に。ヒナの季節でもあるし。

www.kankyo.metro.tokyo.lg.jp

 

野ネコ問題についてさらに学ぶ上でオススメな本。

Amazon - ネコ・かわいい殺し屋―生態系への影響を科学する | ピーター・P・マラ, クリス・サンテラ, 岡 奈理子, 山田 文雄, 塩野﨑 和美, 石井 信夫 |本 | 通販

 

『ゆかいないきもの超図鑑』でもネコ問題を思いっきりフィーチャーしてるので読んでみてね!(ラストのラストですが)

ぬまがさワタリのゆかいないきもの超図鑑 | ぬまがさワタリ |本 | 通販 - Amazon.co.jp

教科書「高校生物基礎」のイラスト等を担当しました。

このたび、高校の「生物」の教科書(実教出版さんの「高校生物基礎」)イラスト等を担当させていただきました。挿絵などの本文イラスト、生物トピックの解説図解、マンガ、ガイド役のキャラクターのデザインなど。すでにこの4月から学級で使われ始めているとのことで、好評の声もいただいているようで、たいへん光栄に思います。生物を学ぶ皆さんの勉強を楽しく彩れるよう工夫しました! 

 

実教出版さんの「高校生物基礎」のホームページはこちら。

https://www.jikkyo.co.jp/book/detail/22018022

デジタルパンフレットで中身もチラ見できます。

https://www.jikkyo.co.jp/material/dbook/rika_seibutsu_r05/?pNo=22

 

表紙はこんな感じ。(おもて表紙のイラストは私ではないのですが。裏表紙にはちょっとした遊び心のあるイラストを仕込ませています。入手したら見てみてね)

「生物基礎」の範囲はかなり広く、生命の基本や遺伝、人体の仕組み、生態系など多岐にわたります。理解の助けになるように、挿絵や漫画をいくつか描き下ろしています。ふだんの著作(生き物図鑑系)では扱わない生物トピックもあってなかなか新鮮でした。

こちらは人体の免疫に関する分野をマンガで解説したもの。

見せびらかし屋さんの樹状細胞はお気に入りです。「ウワーッ」があるのは動物界も人体も同じ…!

教科書全体に登場する、ガイド役のキャラクター(動物モチーフ)も作りました。

生徒役のウーパールーパー「うぱる」。生徒さんの年齢なども考慮しつつ、ああでもないこうでもないと出版社さんと協議を重ねました。

ワオキツネザルの「ワオ先生」。しっぽアクションが気に入ってます。

それぞれ動物モチーフから考案した先生キャラがあと4人いるのでお楽しみに。生徒さんが勉強中にちょっと癒されてくれるといいなと思います。私的お気に入りはエイのエイミー先生。

 

当然というべきか、私の得意分野である動物トピックに関しても、けっこうなページを割いてイラストや図解を描いています。巻末の絶滅危惧種の図解ページはなかなか豪華です。

トキ図解&漫画もあるよ。

 

動物のみならず、人間のイラストも意外と描いてます。セリフ回しなどはこちらに任せてもらったので、会話がカジュアルな雰囲気になるよう工夫しました。

その結果どうしてもこう…ある種の作家性が隠しきれていませんが……(でもサンプルページに選ばれててちょっと笑った)

あと(教科書なので)定番の偉人伝とかもあったりします。メェ〜!!

 

教科書なので、まずは生徒へちゃんと行き渡ることが最優先と思われますが、おそらく個人の方でも購入は可能と思いますので(私もたまに教科書とか資料集とか買うし)、ご興味ある方は最寄りの書店で探したり取り寄せたり、以下の「教科書供給協会」のHPから最寄りの取次店などをチェックするなどしてみてください。

www.text-kyoukyuu.or.jp

 

すでに生きもの本を5冊も作っている私ではありますが、まさか教科書イラストまで担当することになるとは思っていませんでした。実教出版さんと丁寧にやりとりしつつ、シビアな(シビアなんです!)教科書検定もクリアできるよう試行錯誤を重ね、このたびついに学級で使われる運びになり、光栄に感じています。若い学習者(若者に限らないですが!)の皆さんの知的好奇心を、少しでも刺激できる役割を果たせたらとても嬉しく思います。

 

おまけ:Twitter

教科書だしウワーッは自重するべきかなと思ってたけど「OKです!むしろやって(大意)」と言われたので通常営業でウワーッしてます…! とはいえ基本的には真面目で誠実きわまりない教科書なので…ご安心ください!!(誰に…)

 

私の作家性が何の遠慮もなくフルスロットルで溢れ出ている本も3月に出ましたので、教科書では物足りないぜ!!という方はこっち読んでね。

ぬまがさワタリのゆかいないきもの超図鑑 | ぬまがさワタリ |本 | 通販 - Amazon.co.jp

小さな架け橋!ロシアデスマン図解

知る人ぞ知る不思議な動物「ロシアデスマン」の図解です。奇妙な長い鼻を駆使し、地を這い水を泳ぐ謎だらけの哺乳類。ロシアとウクライナの国境にまたがって生息する「架け橋」のような動物でもあり、その生態と運命に今こそ注目すべきかもしれません。

こちらの「ウクライナ動物図解」とあわせてどうぞ。

numagasa.hatenablog.com

 

<参考ページ>

ロシアの科学者がロシアデスマンを保護しているという数ヶ月前のニュース。この少し後にウクライナ侵攻が起こってしまい、悲しすぎる。戦争なんて市民はほとんど誰も望んでいないと信じたいとこですが…。

wilderness-society.org

元気に動いてる野生のロシアデスマンの動画が見られるブリタニカのページ。めっちゃ撮影難度高いだろうによくこんなばっちり撮れたな、夜行性なのに…

www.britannica.com

 

ロシアデスマンの危機っぷりを解説するページ。

https://www.nwf.org/Magazines/National-Wildlife/2004/Deadly-Days-for-the-Desman

 

ウクライナ侵攻で特に危機にあると思われる野生動物のリストアップ記事。(イタリア語)

www.kodami.it

 

FANBOXでおまけ図解も(支援者限定ですが)公開してます。支援がてら、よろしければ〜

www.fanbox.cc

図解・ウクライナの動物たちの今

ロシア軍の侵攻によって破壊と混沌がもたらされているウクライナで、動物たち(ペット/動物園/野生)がどのような被害や影響を受けているか、今わかる範囲で簡潔に図解しました。動物関連の支援先もいくつか挙げるので(寄付ページのQRコード付き)無理ない範囲で援助を検討してください。一刻も早い戦争の終結を、動物好きとして願うばかりです。図解の後に、寄付ページや参考ページの補足を載せておきます。

f:id:numagasa:20220402150418p:plain

f:id:numagasa:20220402150436p:plain

f:id:numagasa:20220402150452p:plain

f:id:numagasa:20220402151347p:plain

こちらのスタンプで恒例の(?)「スタンプ募金」もやりますので、海外サイトとかちょっと怖い、若干めんどいという方は購入してもらえれば売り上げから寄付に回しておきます。

store.line.me

 

<紹介した寄付ページまとめ>

最後の2つ以外は自分でも寄付して試し済みです。

 

IFAW (国際動物福祉基金

www.ifaw.org

1回/毎月で金額を選ぶ形です。寄付するとお礼メールがきます。

 

IFAWへの直接の寄付も別に簡単ですが(クレジットカードなどあれば)、日本語の方が安心できるという方は、ペット保険のアニコム株式会社が募金プロジェクトを手掛けています。

prtimes.jp

 

EAZA(ヨーロッパ動物園・水族館協会)の支援ページ

Emergency appeal for Ukrainian zoos » EAZA

カード番号入力すればすぐ完了。確認メールなどは現状なし。お礼メッセージが表示。

 

ミコライウ動物園のページ。オンラインチケットを買えます。

zoo.nikolaev.ua

ウクライナ語がびっしりなのでハードルは高めですが、英語設定ができるのと、右上のチケット購入→時間選択で普通に買えました。1枚400円くらいなので気軽ですし。

ミコライウ動物園の厳しい現状はこちらのリプなども参照…。

 

続いて、ウクライナ現地の動物愛護団体

ロシア侵攻の危険を承知で残るスタッフが多いということで、それはそれで心配ですが、現地ならではのフットワークなど考えると一番有効な支援のひとつかもしれません。

HappyPaw

happypaw.ua

金額は50〜500UAHで、毎月/1回だけか選ぶ。
電話番号は「+81」足して最初の「0」抜く。

 

UAnimals

www.patreon.com

パトレオンのサービスを使っていて、月額方式なのでちょっとハードル高めかな。(まだ自分では試してません。)ただ国内では最もメジャーな動物愛護団体なので実効性も高いんじゃないでしょうか。

 

動物シェルターの「シリウス」。

dogcat.com.ua

戦争ですみかを失った犬猫などをケアします。(寄付しようと思ったけどなぜかカードがはねられた…。)

 

<主な参考ページまとめ>

○「戦時中の動物福祉」という英語記事。重要な視点が書いてあり、図解を作る上での参考にしました。

https://www.vox.com/22996601/animal-welfare-ukraine-wartime-international-humanitarian-law

 

○避難する人々とペットの写真がたくさん(CBSニュース)。苦難の中でより強まる、動物と人間の深いつながりが垣間見えます。

www.cbsnews.com

 

キエフの動物園の現状を書く英語記事。ワシントンポスト

www.washingtonpost.com

 

○まだ日本語での報道がほとんどない(しょうがないけど)、ウクライナの野生動物の生態系へのダメージに関する記事。黒海生物圏保護区については本ページで知りました。全容がわかるのはこれからでしょう。

wilderness-society.org

 

ポーランドに避難する動物たちの記事。小ヤギのサーシャも登場。

www.cnn.co.jp

 

同テーマのBBC記事。

How animals in Ukraine are being rescued during war - BBC News

 

いったんこんな感じです。また何かあれば追記するかも。

『雄獅少年 少年とそらに舞う獅子』が凄かった話

中国アニメ映画『雄獅少年 少年とそらに舞う獅子』を観てきたんですが、めちゃくちゃ面白かった。感想など書き残しておきます(大きなネタバレは多分ない)。

f:id:numagasa:20220327134340j:plain

(前の上映で公式の方にお声かけられてたのだが忙しくて行けなかったので)1週間限定の再上映が始まった池袋で観てきたんだけど、これがとんでもなく凄かった。『羅小黒戦記』などの中国アニメファン、っていうか海外アニメファン、っていうかアニメファン全般は間違いなく見て損ないです。ほとんどの人が一度も見たことないタイプのアニメ映画であることは約束できる。

dianying.jp

ざっくりストーリー。田舎の冴えない少年たちが中国の伝統的な芸能「獅子舞」を極めようと頑張る話。獅子舞と言っても、日本のいわゆる獅子舞とは異なり、現実に中国に伝統的に存在する「獅子舞」をもとにした造形で、ライオンと虎といもむしを融合したような、なんともいえない不気味さと美しさをたたえた異形の外見をしている。

f:id:numagasa:20220327134425j:plain

 

そんな異形の獅子舞がド派手にアクションを繰り広げる冒頭からガッと掴まれる。(アジア的な美を求める海外の観客にも強く訴えそうだな、と思ったし国際的な戦略も感じた。)本作の「獅子舞」、伝統芸能と呼ぶにはあまりにアクロバティックでアグレッシブというか、スポーツとダンスとアートとバトルを融合したような何かとなっていて、とにかくすごい熱量のアクションを見ることができる。
『雄獅少年 少年とそらに舞う獅子』、獅子舞アクションの激しさで観客にパンチを叩き込みつつ、ズッコケ三人組みたいな冴えない少年たちとおっさんのしょう~もないギャグが連発する楽しい成長譚のギャップもいい。

f:id:numagasa:20220327134452j:plain

悲しさも熱さもたっぷりな王道感動ストーリーな一方で(予告からも伺えるけど)今どきこんなんやる!?ってくらい本当〜にマジしょうもないギャグとかも死ぬほど入れてきて、「絶対にウェットなだけの話にはしないぞ」という意地っていうかもはや思想を感じた。振れ幅がでかすぎるんよ! …まぁ最近見た中国の実写コメディ系(唐人街探偵とか)のトーンもこんな感じだったので、中国の観客的には安心して笑えるいつものノリなんだと思う。でもそんなスットコドッコイな前半があったからこそ、中盤の「ある出来事」から作品の空気が一転するくだりは真剣に心打たれてしまった。
本作は獅子舞の幻想的なインパクトが目立つ一方、実はファンタジー的な要素は皆無に等しく、アニメ作品としては異例なほどリアリティレベルが高い。貧困や格差など、社会の厳しい現実からも目を離さず、「獅子舞なんかやって何になるの?お金にならないでしょ?」という冷めた視点も常にある。師匠ポジションのおっちゃんも昔は獅子舞を極めていたけど、現実の重みに負けて辞めてしまった。主人公も、あるどうしようもない運命によって、大好きな獅子舞から引き離されてしまう。
そのあまりに悲しい獅子舞との別離と、そこからどう主人公が立ち上がっていくかを示すことこそが、本作の最も素晴らしく、心を熱くするところだと思う。誰だって夢も希望も持っているけど、世の中は圧倒的に不平等であり、誰しもが夢や希望を追い続けられるとは限らない、という非情な現実を(アニメとしては前代未聞なほど)高い解像度で描いてみせる。しかし、だからこそ「現実を超越したどこか」に繋がる扉として獅子舞が輝きを放ち、あの屋上での美しく力強い「舞」の場面が脳裏に焼き付く。間違いなく本作の白眉だと思う。
 そんな中盤の展開にも顕著だが、「現実社会への眼差しとエンタメ性の結合」という最も面白いと感じたポイントが(作品としては全く違うのだが)先日のインタビューでも語った『時光代理人』と深く共通してるなと。正直、どちらもいま日本アニメに一番「ない」タイプの作品のようにも感じられる…。

natalie.mu

またこの記事で、中国アニメの作り手は「世界中の誰にでも伝わる面白さ」を志しているのではないか、と語ったけど、『雄獅少年』もまさにそれだった。中国伝統の「獅子舞」という極めてローカルな題材を扱いながら、どの国/社会/文化にも絶対に存在するであろう苦悩や情熱を描いている。
あの素晴らしいシーンは、芸術でもスポーツでも趣味でもなんでも、不平等で苦渋に満ちた現実から飛躍するための"何か"を心に抱く人であれば、世界のどこで生きていたとしても確実に心を打たれるのではないかという凄みがあった。
 それと『雄獅少年』、序盤でヒロイン的な女性キャラが登場して、どう絡むんだろ〜と見てたら、全く予想してない形で物語にズシンとした重みを与えるキャラだったのでかなり驚いた。主役陣みんな男だし、しょうもないギャグもたくさんあるし、ボーイズクラブ的/ホモソ的になりかねない話のはずだが、彼女のキャラの「語られ方」のおかげで絶妙に回避されていて唸る。それでいてちゃんと重要な役割も与えられていて、クライマックスでは彼女の行動が契機となり、本作で最もストレートに「熱い」展開へとなだれこんでいくのも素晴らしい。結末は必ずしも甘くないけど、主人公たち(彼女も含めて)と似た境遇にいる、心に「獅子舞」をもつ人たちを、力強く励ます終わり方になっていた。とにかく最初から最後まで考え抜かれた作りゆえに「誰もが楽しめる」王道エンタメになったのだなと脱帽。
 そんな『雄獅少年』、すっごい良かったけど1つだけ引っかかったのは、クライマックスの主人公のある選択(ケガをおして…のくだり)を肯定しちゃうのは、本作を一種の「スポーツもの」として見た時ちょっとどうなんだろ…とは初見で感じなくもなかった(よくある展開といえばそうだが、現代スポーツものではかなりアップデートがされ始めてる部分でもあるので)。
…だが、本作における獅子舞は彼にとっては単なるスポーツじゃない、人を惨めな生活に押し込める構造から一瞬でも飛び立つための突破口なんだ!!ってことは中盤の描写からもひしひし伝わってきたから、それを安全圏から「無理しすぎるのはどうなの」って批評すること自体が野暮ってものかもしれない、と考え直してもいる。
 アカデミー賞直前で映画館も話題作で大渋滞ではあるが、池袋にアクセスできる人には『雄獅少年 少年とそらに舞う獅子』を強くオススメしたい次第。特別上映の劇場は池袋グランドシネマサンシャインで、2番目に大きくて立派なスクリーンを当ててもらってるにもかかわらず、私が見た初日はそんな埋まってる感じでもなかったので本当もったいない! とりあえず『羅小黒戦記』勢は今週中に全員駆けつけるべき(乱暴)。私的にもかなりの確率で今年のベスト10に入る勢いです。おしまい。

赤きモコモコ!レッサーパンダ図解

いまアツい赤きパンダ「レッサーパンダ」の生き様や、知ってるようで知らないジャイアントパンダとの関係を図解しました。巨大レッサーパンダがアニメで大暴れしている今こそ、「レッサーパンダってパンダの小さい版なんでしょ」というユルい認識をターニングレッドするべきタイミングかもしれません。

f:id:numagasa:20220323201413p:plain

f:id:numagasa:20220323201428p:plain

おすすめ参考記事。映画『私ときどきレッサーパンダ』の話題に絡めてレッサーパンダの今について解説してます。

atmos.earth

こちらもどうぞ…ついでに。

numagasa.hatenablog.com